風俗で働きたい女性のために「風俗事情のリアル」を発信するメディア「GirlsBox」

風俗・パパ活を駆使して学費1000万円を支払う音大生の生き方

パパ活や風俗でには、「こんな子がいるの?」と男性を驚かせてしまう学歴や、見た目をしている女の子がいます。なかでも代表的なのが、音楽大学に通う女子大生。

音大は学費が高いことでも知られていますが、親には借りず自分で支払っている生徒もたくさんいます。だからこそ、短期間で稼げる高収入バイトやパパ活を行っているのです。

ではなぜ彼女たちが、パパ活をしたり男性に裸を見せる風俗で働いたりしてまで、お金を稼ぐ必要があるのか。より詳しく解説していきます。学費を自分で支払いながら大学に通うという女性は、音大生の生き方も参考にしてみてくださいね。

音大生の学費は4年間で約1000万円

私立の音大に通う場合、卒業までにかかる学費は約1000万円といわれています。これは一般的な私立大学の倍以上です。

そして、音大生にかかるのは学費だけではありません。

  • 個人レッスン
  • 楽譜
  • 楽器のメンテナンス
  • コンクールの遠征

など、学費とは別に年間100万円以上の出費が伴うのです。自宅でも練習をしたい音大生は、防音設備の整っている家に住むので、家賃も自ずと高くなるでしょう。

特待生で入学すると学費免除などもありますが、選ばれるのはほんの一握り。親がよほどのお金持ちでない限りは、学費を支払うだけで精一杯というわけです。

これほどかかる学費や雑費。大学に通いながら週7日居酒屋で働いても、到底追いつける金額ではありませんよね。そこで、風俗やパパ活が選ばれます。とくに風俗は最低でも1日3万円は稼げるので、週2日だけでも月24万円と社会人並みに収入が得られるのです。

短時間で高収入なら練習の時間も確保できるので、音大生にはメリットが多くなりますよね。

音大生はパパ活より風俗に多い

パパ活をしている音大生もいますが、風俗のほうに多く集まっています。理由は、風俗の方が効率が良いからです。

パパ活している音大生も少なくありませんが、相手探し、条件の設定、顔合わせから食事、ホテルまで段階でやり取りなどに多く時間がかかってしまいます。

音大生は練習の時間を確保するために、できるだけ効率よく働くことが重要です。そのため、面接から体験入店まで1日2日で終わるうえに、月に何十万も稼げる風俗嬢が一番効率良いという結論に至るのでしょう。

音大生は普通の風俗嬢とは目的が異なる

風俗で働く女性の多くは、欲求を満たすことが目的です。ブランド物が欲しい、ホスト遊びがしたい、食額金を返したいなどの様々な理由で稼げる風俗の仕事を選んでいます。

しかし、音大生が風俗で働く理由は少し異なります。奨学金を返すにも当てはまりますが、目指すのは才能があっても努力し続けなければいけない音楽という世界。輝かしいステージの上で、将来的に演奏できる人は本当に一握りの人間だけです。

だからこそ、そんな小さな可能性にかけて、少しでも練習時間を確保するために夜の世界に足を踏み入れます。

まとめ

風俗で働くことをマイナスに思う人も多いでしょうが、夢や目標に向かって頑張りたい女性に向いている仕事です。風俗店員もそんな女性たちを応援しています。

成功への最後の架け橋として存分に利用していくイメージを持てば、応募もしやすくなるのではないでしょうか。仕事と勉強を両立した大学生のみなさんは、ぜひ風俗の仕事を検討してみてくださいね。

こちらの記事もチェック♡

https://girlsbox.jp/2021/02/24/renaiizo-menhera-2/
オープニングキャスト募集
時給5000円 acmeモデル募集
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
風俗歴5年の女性風俗ライターが執筆。「風俗で働きたい…でも不安がある」という女性のために、リアルな風俗事情や不安を抱える女性のお役に立てる情報を発信しております!「GrilsBox」をよろしくお願いいたします!