どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

「気が利かない自分に自己嫌悪」自分を責めすぎてつらいときの考え方

気が利かない自分に自己嫌悪、思いやりがない自分が嫌になる…そうやって自分の心を追い詰めていませんか?どうやったら他人のために動けるようになるのでしょうか。自己分析と心の学びを経て、「心の相談屋さん」として活動する巫女・紺野うみが一人ひとりの善い生き方を皆さんとともに考える連載【紺野うみの生き方ノート】#5です。

「気が利かない自分に自己嫌悪」自分を責めすぎてつらいときの考え方

自分自身について「気に入らないこと」や「許せないこと」って、多かれ少なかれ誰にでもあるものですよね。

この世に「完璧な人間」なんてひとりもいませんから、むしろそんな「完璧ではない自分」の個性をどれだけ正しく把握し、活かしきれるかどうかが「人生を生きること」なのではないでしょうか。

今回は、「反省」と紙一重の「後悔」が、自分を否定しすぎてつらい――そんなお悩み相談をいただきました。

誰の日々にもあり得ることかもしれません。あなたも自分のことと重ね合わせながら、一緒に考えてみてくださいね。

相談内容「とっさのときに、気が利かない自分を許せない」

「私はよく、自分のことを本当に自己中で気が利かないなぁ、と自己嫌悪になることがあります。たとえば、Aさんにお芋をもらったとします。そのときは、もちろん「ありがとう!」と言ってそのお芋をいただいたのですが、数日後に偶然Aさんに会ったとき、普通なら「先日は、お芋をありがとうね。美味しかったよ」などと言いますよね?

私はそういうタイミングで、その言葉をすっかり忘れて別のことを話したりして、別れた後になってから「あぁ、お芋のお礼言えばよかった……」と後悔するんです。決してAさんに感謝してないわけではないのですが、いつの間にか無意識になってしまっているんだと思って、自分で自分が嫌になります。

その他にも、話している相手の体調が悪そうだなと感じても、「大丈夫?」と言いながら、結局自分の伝えたいことを優先して伝えてしまったり。後で考えれば、「違うタイミングにしてあげればいい話だったな……」と思うのに、そのときはそれができなくて。

その点、私の娘はよく気がつくんです。相手のことをよく見ていて、サッと手助けできたり、さりげなく言葉かけができたりと、いつも親ながら感心しています。私は人の生活や家族についての噂話が好きではないので、「他人にあまり興味がない」と言えば、そうなのかもしれません。

でも決して、人が嫌いなわけではありませんし、もっと相手の立場に立って行動したいなと思うんです。なのに、それができない自分が許せなくて……。その瞬間を逃してからあれこれと後悔するのを直していくには、どうしたらよいのでしょうか?」(チーズケーキさん)

■「気が利かない」を、必要以上に責めすぎないで

自分という人間を成長させ続けるには、ある意味で自分への厳しさも必要です。

しかし率直な感想ですが、私は今回のご相談者さんが「自己中で気が利かない方」だとは感じませんでした。そもそも、本当に自己中心的で気が利かない人は、こんな風に自分を振り返って反省したり、「こうすればもっとよかったのに」と考えることも、きっとないと思うのです。

人から何かをしてもらったとき、まずその瞬間にお礼を伝えるのは当然のこととして、その後改めて相手のために感謝の言葉を伝えてあげられるのは、たしかに素敵です。それはとっても気の利くことですし、相手に対して「思いやりがあるな」と私も感じます。

ただ、その気持ちがあったとしても、時にはなにか他のことに気持ちが向いていたり、相手とのタイミングが上手く合わなかったり……。そういった機会を逸してしまうことは、誰にだってあるものです(私にだってありますよ!笑)。

もちろん、ご相談者さんの娘さんのように、そういったことへの気配りがとても得意な方もいるでしょう。

しかし私は、そういったことも含めて、人の「得手不得手」のひとつだと思っているんです。

気が利かない自分を必要以上に責めすぎないで

たとえを、こんな風に変えてみましょうか。「人の名前を覚える」こと。これがとても得意な人もいれば、どうしても苦手だという人だっています。

でも、それは苦手な人が「人への思いやり」が足りないわけではありませんし、「気が利かない」というのとも少し違いますよね。ご相談者さんの娘さんは確かに、そういった目配りや気配りに、人よりも長けているのでしょう。その「得意」と比較してしまえば、ご相談者さんがうっかりするタイミングがあったとして、それを「自分はなんてダメなんだ!」と否定的に思ってしまいやすいのかもしれません。

しかし、人には必ず「得手不得手」があるわけですから、自分の「苦手」部分ばかりをクローズアップして、そこまでご自身を責めすぎなくてもよいのではないでしょうか。

■自分にできる「得意」なことで「思いやり」を表現

自分の「苦手」なところを気に病みすぎて、心を落ち込ませてしまうくらいなら、えいっと発想を転換してみましょう!

つまり、その「苦手」の分まで「得意」なことで人の役に立ち、貢献していくということです。自分にとって「得意」と言えることで、相手のためにできる別の「思いやり」を、周りの人に注いでいくことを考えてみてください。

それは、相手が喜ぶであろうことなら、どんなに小さなことだっていいんですよ。

たとえば、人にはいつも笑顔で明るく話しかけるとか、誰かが悩んでいそうなときに「大丈夫?」と声をかけてみるとか……。自分の中で「これは自信があるぞ」とか「人にやってあげたいな」と思うようなことこそ、そのポテンシャルを活かして、惜しみなく注いであげましょう。

どんなことでも「苦手」のクオリティより、「得意」のクオリティの方が高いのは当たり前ですよね!だからこそ、相手を想うその気持ちを「得意分野」で表現すれば、それがそのまま相手の喜びにつながる可能性だって高くなります。

自分にできる得意なことで思いやりを表現

もちろん、生きていれば、過去の自分をポカポカ殴りたくなるような「後悔」や「失敗」だってあるでしょう。

それは誰であっても、同じだと思います。

しかし、それを「後悔」として自分を責める材料にして、自己評価を下げ続けて終わるのか。「反省」にして今後の自分に期待したり、別のもので挽回したりしていけるのか。

それが、大きな分かれ道なのです。

どんなに深い反省をしたとしても、最後は必ず前を向いて明るい方へと歩き出さなくては、自分のことも周りの人のことも幸せにはできません。ぜひぜひ、何かに後悔して凹んだときこそ、自分の中にある「宝石」をひとつでも多く見つけ出し、それらを人のためにも活かしていってください!

■「良いこと」は、どんなに遅くなっても伝えていい!

今回のご相談について、もうひとつお伝えしておきたいことがあります。

それは、感謝の気持ちを伝えるのに「遅すぎる」ことはない、ということ(マイナスなことを伝えるのは、できるだけその場でスッキリがいいでしょうけれど)。

もし「ああ、これ伝えればよかった……」と後悔して気になるのであれば、たとえばメッセージなどで後から伝えてあげればよいのです。

「さっきは伝えるの忘れちゃったけど、この間いただいたお芋、すごくおいしかったよ!」

こんな風に言われて、嫌な気持ちになる人は、まずいないと思います。メッセージでなくても、次回会ったときに直接伝えてあげてもうれしいはず。

もしくは別の機会に、なにかお菓子などを差し上げて、「この間、おいしいお芋をいただいたから、これ、ちょっとしたものだけど食べてね」などと贈り物をするのだって、素敵な配慮ですよね!

人に「感謝」や「良いこと」を伝えるのは、どんなに遅くなったとしても、心にプラスの循環を生むもの。ちょっとタイミングを逃し、後追いになってしまったとしても、どんどん伝えてみましょう!

良いことはどんなに遅くなっても伝える

「善いこと」や「前向きな行動」は、いつから始めても「遅い」ことなんてありません。

思いたったが吉日。気がついたタイミングで動いてみることが、「吉」です!

自分の「マイナス面」に囚われすぎることなく、どんどん自分の良さを拾い集めて活用していきましょう。必ず、その思考や行動からは、ポジティブな循環が生まれますよ! 最終的に大事になるのは、どれだけ「自分」を信じてあげられるかと、どれだけ「人」に対して思いやりを持てるかだと思います。

これからはさらに、ご自分にも周囲の人にも、愛情をもって進んでいってくださいね!

応援しています。

https://p-dress.jp/articles/8572

DRESS

こちらの記事もチェック♡

オープニングキャスト募集
5.15OPEN オープニングキャスト大募集
時給5000円 acmeモデル募集
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!