どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

向井理「ただ怒鳴るとかはない」加藤浩次にチクリ?イケメンすぎるメンタル

向井理

 4月17日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)で、向井理(39)が過去にあったプロデューサーとの「バチバチバトル」について語った。この番組は「食」の話題からゲストの「人生」に迫るトークバラエティで、向井は「初めて何かを口にして泣きそうになった」と感銘を受けた四谷の寿司店の握りを紹介した。

 向井は、寿司の味について「昆布で熟成しているんで旨味もそうですけど、ちょっとねっとり感が増す」「最後に木の芽がドカーンといく」「フランスでいうマリアージュ」「口の中で化学反応みたいのが起きて」と熱弁。向井の表現豊かな説明を聞いたMCの加藤浩次(51)は「向井くん、説明めちゃめちゃうまいね」「もうよだれ出てくるもん」と大絶賛だった。

 向井は今もこの店に通っているが、この店に行くようになったのは向井が主演を務めたドラマのプロデューサーとの言い争いがきっかけだったという。向井が「作品中にちょっと、そのプロデューサーさんと揉めたっていうか……」と切り出すと、加藤は「天狗の時期ですか?」とイジったが、向井は「いや、最後まで聞いてください」と苦笑い。

 ドラマのラスト、向井が壇上でスピーチをするシーンで、スピーチを聞くエキストラの表情をモニターで見ていたプロデューサーが「緊張感がない!」と激怒。エキストラを「なんだ今の表情は!」と怒鳴りつけたという。向井は役者ならば怒鳴られてもしかたないが、参加してくれているエキストラを怒るプロデューサーの理不尽に疑問を抱き、「あの言い方はないんじゃないですか。せっかく来ていただいてるのに気分を害して帰ってもらうのは僕としても不本意なので、謝ってください」と抗議。しかし、プロデューサーは「若造のくせに何言ってんだこの野郎!」とさらに激怒してしまったそうだ。

■「ぶん殴られるのかな?」

 撮影終了後、向井はエキストラに「本当にすいませんでした。またなんか機会があったら参加していただいてもいいですか」と謝罪しその場をおさめたが、後日、そのプロデューサーから「冷めやらぬうちの寿司のお誘い」があったといい、向井は「ぶん殴られるのかな?」と思いながら店に向かったと振り返った。

 向井はプロデューサーについて「カッカしやすいぶん、冷静になったらすごくいい方」と語り、「ああなったけど、お互いいいものをね」と謝罪しあって和解に至ったとコメント。加藤が「やっぱ正義感が強い。曲がったことをやってる人間は許せない?」と聞くと、向井は「でもその人の正義もあると思うんですよ」「だから相手をなるべく怒らないように刺激しすぎないように伝えようっていうのはある」「ただ怒鳴るとかはないです」と回答。

 ふだん、自身が担当する『スッキリ』(日本テレビ系)などで吠えまくっている加藤は「いや~、ありがとうございます」と向井に向かってありがたそうに手を合わせてスタジオの笑いを誘った。

 終始穏やかながら毅然とした向井に、視聴者からは「向井理の良さに痺れている」「かっこいい! ただひたすらにかっこいい!!」「言葉のチョイス、仕事に対して真摯に向き合う姿勢、嘘をつかない性格など、相変わらず素敵だ人だな」「こんな落ちついた大人になりたかった」「男気ある方なんだね。知らなかった。考え方、生き方ホントに尊敬できるわ」「「加藤さんが向井さんをべた褒め(笑)」など、感動の声が上がった。

 2016年に映画『信長協奏曲』で共演し、向井とプレイベートでも交流のある小栗旬(38)と山田孝之(37)は、当時バラエティ番組で向井の人柄について「理屈っぽい人。興味を持ったことはすごく調べる」「みんなでワーッてやってても、笑いながら引いて見てる」と語った。少しドライだとも言われていたが、2人とも自分が女性だったらつきあいたいと、向井とイケメンぶりを絶賛。同性も惚れる向井、中身もイケメンすぎ!

https://taishu.jp/articles/-/93834?page=1

日刊大衆
オープニングキャスト募集
5.15OPEN オープニングキャスト大募集
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!