どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

「どうぶつの森」ホラー長編が制作決定 監督「最高の島を作りたかっただけなのに」

どうぶつの森ホラー長編

 コミュニケーションゲーム「どうぶつの森」シリーズを題材にしたホラー映画の製作が3月19日に発表。ほっこり系コミュニケーションゲームとホラーが結び付かず、監督含めて「どうしてそうなった」と世界中が戸惑っています。なぜ?

何かいるよ
何かいるよ(画像はYouTubeから)

 同作の監督を務めるのは「ウォンテッド」「エジソンズ・ゲーム 」などを手掛けたティムール・ベクマンベトフ監督。2020年3月に公開された短編ホラー「Don’t Peek」を原作に、同作を手掛けたジュリアン・テリー監督とともに長編制作に挑むとDeadlineの報道をRTし、Twitterに投稿しています。

 物語はプレーヤーの女性が、ゲーム内の自室をいじると現実にも波及する奇妙なリンクに気づくところからスタート。当初は引き出しの開け閉めや照明のスイッチを無邪気にいじって楽しんでいた女性ですが、ゲーム内の自室には不自然な人影が……。やがて“それ”は現実にも波及し、おびえる女性へゲーム越しに「ここから出してくれる?」と問いかけてきて……という6分ほどの緊張感に満ちたショートホラーです。もう夜中にゲームしない。

絶対イエスって答えちゃダメなやつ
絶対イエスって答えちゃダメなやつ(画像はYouTubeから)

 本来であれば自分の島や部屋を思い思いにコーディネートして、こだわりをとことん追い求めながらキャラや友人とのコミュニケーションが楽しめる「どうぶつの森」シリーズ。ほっこり作品らしからぬホラー展開にベクマンベトフ監督は「最高の島を作ろうとしただけなのに、今は命の危機を感じているんだけど」と戸惑いをツイートしています。どういうことなの。

戸惑う監督

 動揺は日本へも広がっており、Twitterにはファンが「あつ森のホラー映画とはなんぞ」と疑問を投稿。「絶対トラウマになる」と早くもおびえるプレーヤーがいる一方で「たぬきちが悪徳リフォーム会社でローンの支払いが滞ると斧でドア叩き割ってくるとか」「タヌキに返済しても終わらないローン組まされて無人島に住まわされるって事???」と独自展開を予想するツイートも投稿されています。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2103/19/news158.html

ねとらぼ

こちらの記事もチェック♡

オープニングキャスト募集
5.15OPEN オープニングキャスト大募集
時給5000円 acmeモデル募集
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!