どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

ニッポンの四季をスイーツに。梅田『四季菓子の店 HIBIKA』

HIBIKAのホームページを見てみると、「四季折々で移り変わる様々な装いを楽しんでいただきたい。にっぽんの美しい四季の移ろいを洋菓子に込めて。HIBIKAでは、すべてのお菓子が季節限定です。その季節ならではの味わいや香りがあるように。今しか出会えない儚さや情緒にこころ惹かれるものがあるように。HIBIKAのお菓子も季節ごとにラインナップが入れ替わり、その時期だけのお楽しみとしてご用意しています。」との記載があります。

一つ一つのケーキが繊細で芸術的で、美しいHIBIKA。大阪梅田の阪急百貨店で、通りすがりに見かけた時から気になっていて、やっと食べられた時はとてもハッピーな気分になりました。それではご紹介しますね。

右側「冬ごもり」左側「冬桜」

右側が「冬ごもり」という名前で、もう一つは「冬桜」。この丸い形がHIBIKAらしいです。どちらも綺麗な光沢のあるケーキで、食べるのがもったいなくなりますよね。冬ごもりはチョコレートとアーモンド味で、濃厚かつクリーミーなチョコレートムースのお味が最高でした。

デザイン性のあるチョコレートプレートもオシャレですよね。冬桜は苺とフランボワーズ味で、ホワイトチョコレートで作られた桜の形のプレートが可愛いです。どちらもずっと見ていたくなる綺麗さなのですが、誘惑には勝てず…おいしくいただきました。

「紫陽花」
「花葵」

紫陽花の形をしたまさに「紫陽花」と、エディブルフラワーが可愛い「花葵」。紫陽花の方は、カシスとブルーベリーのムースが求肥で包まれていて、少し和風の雰囲気。お味はフルーティーで甘酸っぱく、ケーキのてっぺんに乗っているブルーベリー風味のゼリーが涼しげで、見た瞬間に「あ、紫陽花だ」と思えるケーキです。

そして花葵は、ライチとホワイトチョコレートのムース。うっすらとピンク色なのが、どこか儚くて可愛いですよね。ちょこんと乗ったエディブルフラワーや金箔がアクセントになっていて、上品な甘さのケーキでした。

「夏桃」
「朝焼け」

続いては、「夏桃」と「朝焼け」。夏桃は桃のショートケーキで、見ただけで夏らしい爽やかさが伝わります。上には大きめの桃がごろっと乗っているのですが、断面をご覧ください。薄くスライスされた桃が、ケーキを取り囲むように配置されているんです。最初はスポンジケーキかなと思っていたら、ここにも桃が!?と、嬉しい発見でした。生クリームは甘さ控えめで、桃はとても甘くてジューシーで、バランスのいいショートケーキです。

そして朝焼けは、アーモンドとオレンジ、チョコレートムースのケーキ。見えにくいですが一番下の黒っぽい部分がアーモンド味のスポンジケーキ、バニラムースとチョコレートムースが重なっていて、上の方にはオレンジの固めのゼリーが。表面にはオレンジ風味のチョコレートプレートと金箔がさりげなくあしらわれていて、高級感があります。チョコレートムースのお味はそこまで濃厚ではないので、オレンジの甘酸っぱい感じがしっかりと生きているケーキです。

最後の二つがコチラ。

「なでしこの花」
「秋の夜」

ビビッドなピンク色が目を引く「なでしこの花」と、大人の色合いの「秋の夜」。なでしこの花は、バニラとフランボワーズ、イチジクのペーストが包まれていて、甘酸っぱい中にイチジクの濃厚な甘さと、こっくりとした味わいが楽しめるケーキ。イチジクは生ではなくペーストで、煮詰められて凝縮された旨味が口の中に広がります。そのイチジクのペーストの甘みが強く、フランボワーズムースは濃厚ながら、イチジクを引き立てている感じ。これぞ黄金律、でしょうか。作り手のこだわりと情熱を感じます。

そして秋の夜は、カラメルとリンゴのケーキ。見た目ではわかりませんが、中には煮詰められたリンゴがぎっしり。リンゴとスポンジケーキ、バニラムースがカラメルムースで包まれていて、ほろ苦い大人の味わいです。上に添えられている生クリームと、チョコレートのプレートのさりげない感じがまた大人っぽいですよね。まさに秋の夜に食べたくなる、大人の雰囲気漂うケーキでした。

たくさんご紹介しましたが、それぞれのケーキの名前にも、一つ一つのケーキに対する愛情が伝わってきます。見た目の美しさも大事ですが、HIBIKAのケーキは秘めたる美しさや強さを表現しているような気がして、これからも目が離せなくなりそうです。

子供の頃、国語の授業で書き手の意図を理解して読んでくださいと教えられましたが、スイーツや料理にも、それに通ずるものがあるのかもと改めて思います。ただの名前と見た目ではなく、そこに込められた思いを想像しながら一口ずつ味わって食べるのも、人生をより味わい深くしてくれる要素なのかもしれません。…っと、なんか哲学的になってしまいましたが、HIBIKAにはそう思わせる何かがありそうです。ごちそうさまでした。

https://osakagourmet.jp/2020/10/04/umeda-sikikasi-hibika/

大阪グルメリポート

こちらの記事もチェック♡

オープニングキャスト募集
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!