どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

体験入店が初めての方へ!体入って何?やり方は?体験入店のメリット・デメリットとは

体験入店が初めての方へ!体入って何?

体験入店、略して体入とは、その風俗店で勤める前に1日だけ店の風俗嬢として働く、お試し入店のことです。
通常は応募、面接の後に体入を行い、良かったら入店という流れになっています。

体入は1日通してお仕事を体験できるお店が多いのですが、中には1人相手をするだけで体入の扱いをするお店もあり、かなり気軽にお店の仕事を体験できるのがポイントです。もちろん体入して合わなければ、入店を断ることが可能です。

「体入したら入店させられるかもしれない」という不安を持っている人も多いかもしれませんが、そのような店はほとんどないので安心して大丈夫と言われています。
一応、体入前に「1日(1人)だけ相手して無理そうだったら、お断りしても良いですか?」と、予め伝えておくと、後になって断るときに、断りやすくなるかもしれません。

風俗店は日払いの店が多いこともあり、体入中もしっかりとお給料が発生するお店がほとんどです。また面接と体入は同じ日に行う店が多いのですが、「今日は面接だけでお願いします」と言えば、無理に体入させられることはほとんどありません。

面接の後に予定があるなら、詳しい入店要項とともに後日にしてもらうこともできるようですので、その旨をきちんと店側に伝えるのが大切です。

風俗店はお店によって待遇や給料が激しく違います。このため体入で「このお店で本当にやっていけるのか」を見極めることは非常に重要だと言われています。
店側は「体入してくれた女の子にはぜひ入店してもらいたい」とアプローチをかけてきますが、自分の気持ちが固まるまでは「まだ考えさせて下さい」と答えれば大丈夫です。

体験入店してみたい!やり方は?体入のみでもOK?

体験入店のやり方・流れ

「体験入店してみたい」と思ったら、まずはお店と連絡を取ります。店に電話して、ソープランドや店舗型ヘルスならお店に、デリヘルなら指定された場所に面接に行きます。
そして面接後、「やっぱり体験入店してみたい」と思ったらお店側にその旨を伝え、体入になります。

基本的には面接と体入は同じ日に行われることが多いのですが、ソープランドや店舗型ヘルスは部屋数が限られているため、営業中の部屋との兼ね合いを見て、面接日とは別日に行うお店もあるようです。

デリヘルは風俗嬢の自宅から客の自宅やホテルに赴きサービスを行うため、自宅からラブホテル街などの移動時間も体入における大事なチェックポイントと言われています。
中にはスタッフが送ってくれるお店もあるようなので、応募の段階でよく確認しておくのがおすすめです。

ソープランドやデリヘルでは体入前に講習を受けさせる店が多いため、面接→講習→体入という流れが一般的と言われています。
講習はDVDによるものや、等身大人形を使った実技研修、ベテランの先輩の指導など多岐に渡ります。面接で体入前の講習方法について、予め聞いておくと良いかもしれません。

合わなかったら断ろう!体験入店だけでもOK

体入で合わないと思ったら、入店は断っても大丈夫です。
「体入したら入店が必須」と思っている女性も多いのですが、そもそも体入はお店との相性を調べるものなので、合わなければ入店しないのは当然です。

どうしても不安な場合は、面接時に「体入で合わなかったら、入店はお断りしても良いですか?」と聞いておくのが良いでしょう。

体験入店するお店はどこがいい?お店の選び方

体験入店前に確認すること

入店する前にお店との相性をチェックするのが体入ですが、体験入店する前にも分かることがあります。
体入する前に、面接時の雰囲気や制度を事前にきちんと確認しておくと、無駄な時間を使わずに済むでしょう。

・基本プレイとNG設定

体入する前に、一番に確認すべきなのは基本プレイの内容です。基本プレイの中にどうしてもできない内容が含まれている場合は、NG設定ができるかどうかを確認します。

体入では客の相手を実際にするわけですから、基本プレイの内容にどうしても厳しいものがあり、NG設定ができないようなら、体入自体を断ってしまうのが良いかもしれません。

・1コースあたりのバック率(給料)

平均的な風俗店の1コース当たりのバックはコース料金のおよそ50~60%とされています。
つまり60分20,000円コースの客を1人取ると、10,000~12,000円がお給料になるわけです。
交渉次第では70%以上もらえる場合もあるようですが、基本的には料金の5~6割を目安に考えておくと良いようです。

また指名料は入店してしばらくしないと分からない場合が多いため、コースあたりだけでなく、指名料のバック率も体入前後に確認しておく必要があります。
指名料のバックは50~100%と、コースあたりのバック率より幅が広いため、お店を選ぶ上でとても重要です。

・雑費・罰金などの出費について

コスプレのコスチューム代やクリーニング代などの雑費が風俗嬢持ちだと、給料に比して、思ったように稼げない場合があります。
雑費がどのような会計になっているのかについては、体入までに必ず聞いておくようにしましょう。

また遅刻や当日欠勤、無断欠勤をした場合に罰金を取るお店もあります。面接時に必ず話してくれるとは限らないので、体入までに自分から聞くことを忘れないようにすると良いでしょう。

・客層や看板嬢の特徴

風俗店で働くにあたって、その店のコンセプトや雰囲気に自分が合っているか否かは、稼ぎに大きく影響します。
客層に関してなら、「マニアックな客が多いのか」、「好まれるオプションは何か」など、また看板嬢に関してなら、可愛い系なのかクール系なのか、髪の長さ、声のトーンなど、かなり突っ込んだ質問でお店のコンセプトをなるべく正確に把握できるようにすると良いでしょう。

・講習・研修の内容

講習は体入前に行われることが多いため、面接の段階で聞いておくのが良いでしょう。
人形や男性スタッフを使った実技研修やDVDによる解説など、講習方法はお店によって様々です。

実技研修は嫌がる嬢が多いため、DVDが主流になってきていると言われていますが、念のためどのような研修をするのか、確認しておくのがおすすめです。

体験入店中に確認すること

風俗嬢の稼ぎはお店との相性に大きく左右されます。
このため体入中はお店の特徴について、よく観察し、分からない点があれば遠慮なく質問するのが大切です。

・店の集客数

いくら出勤しても店の集客数が悪いと稼げません。店の集客数や集客力は、入店するか否かを決める大きな要因です。
1人だけの体入だとお店が空いている時間に行われることが多いため、忙しい時間を知るのが難しいと言われています。その店の集客数を知るという点では、1日体入がおすすめです。

・スタッフの態度や同僚となる風俗嬢の雰囲気

スタッフの態度が悪いと、客足はどんどん遠のきます。このためスタッフの態度や客対応は体入の時点でよく確認しておくと良いでしょう。

ソープや店舗型ヘルスではスタッフや同僚の女の子と顔を合わせる機会があります。
またデリヘルでは仕事場となるホテルや家までドライバーが送迎してくれることがあります。もし同僚やドライバーの雰囲気が合わないと余計なストレスになってしまいます。

ただでさえ風俗業はストレスの多い仕事ですから、余計なストレスを増やさないようにすることはとても重要です。

体験入店のメリット・デメリット

体験入店は入店する前に店との相性を判断できるシステムとして、多くのメリットを挙げてきましたが、何事にも表と裏があるように、体入にもデメリットがあるようです。

まず体入のデメリットとして挙げられるのは、体入中に全く稼げないことがあるということです。体入中も、もちろんお給料は発生します。それなのに、客がつかないことがあるのです。

風俗を利用する人の多くはネットで風俗嬢の写真を見て、お店に来ます。しかし体入中はネットの写真が間に合わず、お仕事が回ってこなくなってしまうことがあるようです。
せっかく体入したのに、お仕事が回ってこなければお店の仕事の体験も、お給料も入ってきません。
正式入店していればお仕事があったかもしれないと考えると、この点は体入のデメリットと言えるでしょう。

もうひとつ、体入のデメリットとして挙げられるのが、面接時に話してもらった内容と全然違うことがあることです。
給料が違ったり、待遇が違ったり、面接時にいいことばかり言っているお店は警戒した方が良いかもしれません。悪質なお店だと大きなトラブルに発展するケースもあるため、体入前の事前調査で口コミなどしっかりチェックしておきましょう。

以上、体験入店が初めての方へ!体入って何?やり方は?体験入店のメリット・デメリットとは…という話題でした!

https://www.r-30.net/column/archives/793

ヒメヨミ

こちらの記事もチェック♡

オープニングキャスト募集
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!