どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

バックが痛い!痛みの原因と気持ちよくなる対処法・痛みを和らげるアイテム

セックスでバックから挿入されるとき痛みを感じている女性は少なくありません。 しかし、セックスの途中でムードを壊したくないから痛みを我慢していませんか?

ムードを壊したくない気持ちもわかりますが、できることなら痛みは感じたくないものです。 なぜ、バックでの挿入に痛みを感じるのでしょうか。

痛みの原因と、痛みを取りのぞき気持ちよくなれる対処法などを紹介していきます。 バックでの挿入に痛みがある人は、ぜひ参考にしてみてください。

バックが痛く感じる原因

バックが痛く感じる原因

pexels.com

なぜ、バックの体位で痛みが出るのか考えられる原因をみていきましょう。 痛みを感じる原因には、男性の興奮、あるいは女性の気持ちが深く関わっています。 バックの体位でなぜ痛みが生じるのか、自分の状況と当てはめながら読んでみてください。

前戯が足りていないから

前戯が十分でない場合に、痛みを感じることがあります。 挿入前にしっかりと前戯がないと、女性器が濡れが足りず痛みを感じてしまうのです。

男性が十分に前戯をしているつもりでも、女性にとって不十分なことも。 俗に「手マン」と呼ばれる愛撫を、AVのように力任せにする男性は少なくありません。

力任せの前戯では、愛撫される女性は痛くて濡れることができず、そのままバックで挿入をされると摩擦でさらに痛みを感じてしまいます。 強引な挿入は膣を傷ついてしまうこともあるため、痛みを感じたらすぐ伝えるようにしましょう。

膣の奥まで挿入されるから

バックはほかの体位に比べ、膣の奥まで男性器が挿入されます。 そのため、子宮を突かれることで痛みを感じやすいといえます。 正常位なら痛みを感じない人であっても、バックになると挿入できる深さが変わるため痛みが出るのです。

女性は痛みを感じやすいバックですが、膣の奥まで挿入できるため男性とっては気持ちがいい体位。 そのため、喜んでほしくて痛みを我慢してしまう女性も少なくありません。

深い挿入は徐々に慣れることもありますが、慣れるまではほかの体位も試すなど彼にも協力してもらいましょう。

男性が興奮しすぎるから

男性が興奮しすぎるから

pexels.com

女性がバックで男性器を受け止めてくれている姿に興奮を感じる男性は多いようです。 女性がおしりを突き出して感じている姿に、エロスを感じるのです。 そのため、興奮のあまり激しく突き動かしてしまい、女性が痛みを感じることも。

普段は恥じらいを見せている女性が、大胆なポーズをしていると視覚から男性の興奮はあがってしまい理性がとびやすくなります。 ついつい動きが激しくなってしまうのは、そんなあなたの姿に興奮している証拠といえます。

慣れていないから

バックからの刺激に慣れていないことも原因のひとつとなりえます。 性的な経験が浅い、またはセックスの経験はあってもバックでの経験が少なければその刺激に慣れていません。

バックでの挿入は、徐々に慣れる人も多い体位です。 初めは痛みを感じていたけど、次第に快感に変わったという女性も少なくありません。 それでも、「痛い」と感じているときは無理せず彼に伝えましょう。

男性にゆっくり動いてもらったり、セックスの最後の方にバックの体位を持ってきたりと工夫をしてみるのもいいでしょう。 痛みを体が覚えてしまうとセックスに拒否感が出てしまうため、慣れるまでは無理は禁物です。

緊張しているから

過去のバックの体位で体が痛みを覚え、緊張している可能性があります。 体が緊張するとうまく濡れることができず、より痛みを感じるのです。

途中まではセックスを楽しめていたのに、バックになると「また痛むかもしれない」と体が構えます。 これは「バック=痛い」と脳が認識してしまい、痛みに過剰に反応しているのです。

女性の心と体は深く関係しています。 リラックスできないとセックスも楽しめません。 我慢したままバックをし続けると、セックス自体に恐怖を感じる可能性もあるでしょう。

男性器が大きいから

バックは正常位よりも深く挿入されます。 そのため、正常位なら平気だった男性器の大きさが、バックだと痛く感じることがあります。 男性器が大きい場合も痛みを感じやすくなります。

また、騎乗位も奥まで入るため、痛みを感じる可能性があるでしょう。 ローションやゆっくり動くことで、ある程度痛みを軽減することができます。

しかし、男性器の大きさに関しては小さめに勃起させてもらうなんてできません。 バックが痛くて彼とのセックスそのものが怖くなるくらいなら、バック意外の体位でお互いの満足を探しましょう。

生理中または生理前だから

生理中や生理前に、バックから挿入をすると痛みを感じやすい傾向です。 生理中、生理前は子宮が下がり子宮口が柔らかくなった状態になります。 生理前の膣内は、充血し収縮しやすくなるので普段よりも子宮口、膣が柔らかくなっています。 この柔らかい部分が刺激されることで痛みに変わるのです。

痛みを感じやすいところに、興奮した男性が激しく動くと腹痛にもつながりやすいでしょう。 生理中、生理前の女性の体はとてもデリケートです。 我慢や無理はせず、セックスは控えるようにしましょう。

バックが痛いときは病気の可能性もある

バックが痛いときは病気の可能性もある

pexels.com

バックが痛いのは男性器との相性の問題や、体位の慣れの問題などもあります。 しかし、なかには楽観視できない痛みもあるので注意が必要です。 バックやほかの体位でも痛みが出る「性交痛」の原因は、もしかすると病気のせいかもしれません。

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮の内膜が子宮の外側で育つ病気。 子宮内膜症は、性行為での痛みが一般的な症状とされます。

骨盤内で子宮内膜症が進行すると、骨盤組織と臓器が癒着することがあり、セックスでの深い挿入で痛みを感じる可能性があるのです。

子宮内膜症は強い生理痛をともなうのも特徴。 生理痛がひどい人だと、仕事に行くのも困難になるほどです。 普段から生理痛が重く、バックでの痛みがある場合は、一度婦人科を受診してみましょう。

チョコレートのう胞や骨盤内腫瘍

のう胞とは、分泌物が袋状に溜まることです。 卵巣にできるのう胞は一時的に経験する女性も多く、ほとんど場合無害なので心配はいりません。

子宮内膜症が進むと、卵巣内にのう胞を作ります。 これがチョコレートのう胞です。 チョコレートのう胞を持っている人の場合、最初は良性でも後に癌化することがあります。

骨盤のうのう胞(骨盤内腫瘍)の多くは卵巣嚢腫とされますが、子宮筋腫の一部、後腹膜腫瘍などの可能性もあり、もちろん自己判断はできません。

放置すると不妊につながりかねないため、早めに婦人科受診をしましょう。

性感染症

性感染症は無症状のものもありますが、痛みをともなうものも少なくありません。 とくに「クラミジア」「淋病」などの感染症は、膣から子宮・卵管・卵巣と広範囲に広がり炎症を起こします。

性感染症にかかっていなくても、過去にかかっていた場合、性交時に痛みが出ることもあるようです。 知らないうちに性感染症にかかり、症状がないまま痛みが出ている可能性があります。 気になる症状や痛みがあるときは、念のため専門医に診てもらいましょう。

子宮筋腫

子宮筋腫の大きさと位置によっては、性交時に痛みが出る可能性があります。 慢性的に膣や外陰部に炎症が続いている人は、一度子宮筋腫の検査を受けた方がいいでしょう。

ただし、筋腫の大きさや、痛みが出ない場所に筋腫があると性交痛として現れないため、普段から自分の体の変化に敏感である必要があります。

子宮筋腫の性交痛以外の症状としては、過多月経、貧血、不正出血、月経困難症などもあるので、毎月の自分の体調をチェックしておきましょう。

バックは痛い!でも男性が興奮してしまう理由

バックは痛い!でも男性が興奮してしまう理由

pexels.com

バックは男性にとってとても興奮する体位です。 興奮するために、つい激しく動いてしまい女性の痛みに変わってしまうこともあります。

男性をそこまで興奮させるバックの魅力は何でしょうか。 男性がバックを好きな理由を詳しくみていきましょう。

視覚効果

男性は視覚で興奮する傾向が強く、バックは男性を興奮させやすい体勢といえます。 彼女が恥ずかしい体勢でいることによって、視覚から強い興奮を覚えるようです。

裸でおしりを突き出す体勢で恥ずかしがる女性の姿がたまらないのでしょう。 恥じらいがあると、「もっと攻めたい」と支配欲もかき立てられることも。

また、男性は女性が恥ずかしがりながら大胆になっていく姿を好みます。 大好きな彼女の恥ずかしい姿を独り占めできるのが嬉しいのです。

奥まで挿入できる

バックはほかの体位と違い奥まで挿入できるため、男性にとって満足度の高い体位といえます。 単純に「気持ちいい」と感じるためバックが好きなのです。

また、バックだと男性は動きやすく体勢が楽なことも魅力のひとつ。 女性を満足させながら、自分のペースで深く挿入でき満足感もあります。

さらに、バックだと女性の膣が締まりやすいという男性の意見もあるようです。 正常位では味わえない締まり具合が男性を深く興奮させるのです。 女性も慣れてくると性感帯に男性器が当たり、正常位では味わえない快楽を味わえるでしょう。

おしりフェチ

おしりフェチの男性にとってバックはとっておきの興奮材料となるでしょう。 「フェチ」というだけあっておしりが見えることで視覚から興奮し、触れることでさらに興奮をあおります。

正常位で顔を見ながらのセックスも愛を感じることができますが、エッチな欲求や性癖も満たしたいと思う男性も少なくありません。 おしりフェチの男性であれば、「おしりを見たい、触りたい、叩きたい」などの欲求をバックによって満たすこともあるでしょう。

いろいろ触れるから

バックの体位で触ることができるのは、おしりだけではありません。 胸も触りやすく、体中触れることが男性にはたまらないのです。

バックであればクリトリスも触りやすい位置にきます。 膣に刺激を与えるだけでなく、クリトリスも刺激して女性を興奮させることができるのです。 「彼女を気持ちよくしたい」欲求をバックでは満たすことができます。

また、女性のおしりに触れる感覚を気持ちよく感じる男性も多いでしょう。 男性からするといろいろ触れて自分も相手も気持ちいい万能な体位がバックといえます。

支配欲が満たされる

バックは、男性が優位に感じることのできる体勢です。 女性の腰を掴んで攻めるバックは男性の支配欲を満たすこともできます。 とくにお互い寝ながら行う「寝バック」は支配欲を最も満たしやすい体勢だと思う男性が少なくありません。

女性がバックで感じていたら興奮は最高潮。 もっと感じさせたい、もっと支配したいと気持ちがさらに高揚します。

男性がセックスをリードできる体勢でもあるので、プライドの高い男性にもたまらないでしょう。 四つん這いで性欲を満たす行為は、動物的で本能的に興奮するのかもしれません。

バックが痛いときの対処法

バックが痛いときの対処法

pexels.com

バックは興奮しやすいため男性に人気の体位です。 しかし、女性は慣れていないと痛いと感じやすくなります。

大好きな人とのセックスのため、お互いに満足したいからと痛みを我慢し悩む女性も少なくありません。 バックが痛いときは、これから紹介する5つの対処法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

素直に伝える

痛みを我慢せずに素直に伝えてみましょう。 バックの途中で痛みを感じても、言葉で伝えなければ男性はわかりません。 むしろ、女性が痛みを押し殺す声を「女性も興奮している」と勘違いしている可能性もあります。

男性はセックスで女性に痛みを与えているとはあまり想像しないでしょう。 大好きな彼女には気持ちよくいてほしいと思うからです。

セックスは2人で楽しむもの。 気持ちをしっかりと伝え、2人でバックの痛みに向き合いましょう。 慣れるまでバックの体位を控えたり、ゆっくり動かしたりと解決策を試してみましょう。

ローションを使う

体質的に濡れにくく、バックで痛みを感じる場合はローションの使用がおすすめです。 女性のなかには、ローションをエッチなアイテムと感じ抵抗があるかもしれません。 お互いの気持ちよくなるためのグッズですので、抵抗感を持つ必要はないのです。

男性のペニスが大きすぎると、バックに慣れている人でも痛みを感じることも。 そんなときはローションを使うと、挿入しやすくなることもあるので一度試してみては? 「ローションを使いたい」と言われて嫌がる男性はいないでしょうから、2人で楽しみましょう。

ストレッチをする

体が硬いと筋肉が緊張してしまい、セックス中に痛みを感じやすいことがあります。 そのため、日ごろからストレッチをして体を柔らかくしてみましょう。

体が柔らかいと、痛みを感じたときに痛くない体勢に持っていくこともできます。 四つん這いの体制が痛いと感じるなら、背中が反りやすいようにストレッチしましょう。 ヨガの「猫のポーズ」がおすすめ。

ストレッチで体を柔らかくするのは、痛みの対処だけでなく快楽につながる効果も。 体が柔らかくなると、体を反らしたり左右に動かしたりが楽になり、自分で性感帯に当てやすくなります。

前戯を長めにしてもらう

男性器を受け入れやすくするため、前戯は長めに丁寧にしてもらいましょう。 「バックは痛い」と経験してしまうと、女性の体は緊張状態になります。 できるだけその緊張をほぐすために、前戯を長くするのが効果的です。

前戯が長いと女性は男性からの愛情を感じやすくなります。 女性は愛撫やキスなどで彼からの愛情を受けることで幸福を感じます。 体をリラックスさせるためにも、男性に長めに前戯をしてもらいましょう。

ゆっくり動いてもらう

バックに慣れないうちは、激しく動かさずにゆっくり動いてもらいましょう。 男性はバックで興奮すると激しく動きたくなります。 この激しい動きで痛みを感じる女性は少なくありません。

痛みを我慢してバックをし続け恐怖心が芽生えると、セックスそのものが嫌いになる可能性もあります。

痛みを感じたら深く挿入するのではなく、浅く、ゆっくりと動いてもらうよう伝えましょう。 痛みを感じない角度を、2人で模索しながら動くのもいいでしょう。

バックが痛いときのやさしい断り方

バックが痛いときのやさしい断り方

pexels.com

どうしてもバックが痛いとき、我慢をする必要はありません。 ちゃんと断るのも自分のためです。

しかし、故意に痛みを与えようとしていない男性にセックス中に強い口調で断ると、男性も傷ついてしまいます。 ムードを壊さず、バックを上手に断るコツを紹介しましょう。

好きな体位を伝える

バックの体位が痛いのであれば、バック以外の痛くない体位を男性に伝えましょう。 そのとき「正常位でしたい」「上に乗っていい?」など、自分がその体位をしたいという意志を伝えることがコツです。

女性から「したい」と言われて嬉しくない男性は少ないはず。 きっと、男性もノリノリで対応してくれることでしょう。

女性から積極的にセックスでのしたいことを言ってくれることは、男性にとって嬉しくて興奮するものです。 それがエッチなお願い事なら、なおさら喜んで受け入れてくれるでしょう。

セックスをリードする

男性がセックスをバックからしたいときは、女性からセックスをリードをするようにしてみましょう。 男性を寝かせて、自分から積極的に主導権を握っていくのです。

セックスでリードしたい男性は多いものですが、同じくらいリードされることにも興奮します。 ベッドで「まぐろ」な女性より、積極的な女性の方が男性も嬉しいと感じることでしょう。

そのまま女性のリードでバック以外の痛くない体位にもっていきましょう。 自ら気持ちいいセックスをしている女性に興奮しない男性は少ないはずです。

顔が見たいと伝える

バックは、お互いの顔や表情が見えにくい体位です。

男性のなかには、女性の表情が見えないからバックはあまり好きではないという人もいます。 この「顔が見えない」ことを逆手に取って、「あなたの顔が見たい」とかわいくおねだりしてみましょう。 正常位や座位など、体位を変更してくれるはずです。

「痛い」ではなく「顔が見たい」と伝えているのですから、体位が変わったときは彼の目を見つめたり、キスをしたりしてあげましょう。

バックが痛い女性へおすすめのラブグッズ

バックが痛い女性へおすすめのラブグッズ

pexels.com

バックが痛いとセックスそのものが嫌になってしまう可能性があります。 そんなときは、我慢せずに痛みを伝えることが大切です。

しかし、女性もいろいろな体位を楽しみたいと思うこともあるでしょう。 そこで、さまざまなラブグッズを試してみるのはいかがでしょうか。

これから紹介するアイテムは全てネット通販で購入することが可能です。 ぜひチェックしてみてください。

バックが痛いときは無理をせずほかの体位を楽しもう!

バックが痛いときは無理をせずほかの体位を楽しもう!

pexels.com

バックが好きな男性に喜んでほしくて、痛みをつい我慢してしまう女性は少なくありません。 痛みがあるときは、無理せず伝えてほかの体位を楽しみましょう。 さまざまなラブグッズを2人で試すのもおすすめです。

バックだけでなくどの体位でも痛みが出る場合は、一度産婦人科を受診しましょう。 疾患が隠れている可能性もあります。

痛みを気にせず、安心して心からセックスを楽しめるようにいろいろ試してみてくださいね。

https://koimemo.com/article/17578

KOIMEMO KOIMEMO

こちらの記事もチェック♡

オープニングキャスト募集
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!