どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

奥野壮、『仮面ライダージオウ』での学びを大切に「心を改めて…」 先輩俳優から金言も

奥野壮

『仮面ライダージオウ』(18~19)でドラマ初出演にして初主演を果たした俳優の奥野壮。その後、さまざまな作品で俳優として経験を重ねており、26日には『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』が公開、さらに、主演映画『灰色の壁~歯車~』も待機中だ。俳優デビューして2年半となるが、彼はこれまでの現場で何を学び、どんな教訓を経てきたのか、話を聞いた。

奥野壮

2017年に「第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でフォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞をW受賞し、この世界に入った奥野。「昔はまったく俳優業に興味がなかった」と打ち明け、「ただ、僕はもともとクラシックバレエをやっていて、人前で何かを表現することが好きだったので、そういう意味でお芝居にも、似たような点を感じたのだと思います。お芝居をすることは、すぐ好きになりましたが、最初は、めちゃくちゃ舐めていたと思います」と笑う。

そして、デビュー直後は「本当に調子に乗っていました」と告白。「オーディションを経て、『仮面ライダージオウ』に選ばれたので、浮き足立っていて、自分はできる子だと思い込んでいたんです。お芝居なんてもっと簡単なものだと思っていたら、全然そんなことはなくて。本当にバカでした」と振り返った。

自分のふがいなさを嘆いたのは、『仮面ライダージオウ』の第1話を観たとき。「自分はこんなに演技が下手くそだったのか! と絶望しました(苦笑)。現場ではちゃんとできていると思っていたのですが、自分を客観視するのはすごく難しくて。初めて1話を観た時、本当にマズイと思い、めちゃくちゃ焦りました。その日から心を改めて、もっとこうしよう、ああしようと、考えるようになりました」と、一つの転機となった。

だからこそ、『仮面ライダージオウ』への感謝の気持ちは大きい。「映像のなかの自分が、思い描いた理想とかけ離れすぎていてびっくりしました。それは今も現在進行形ですが、そんなふうに改心する機会を与えてくれたのが『仮面ライダージオウ』だったので、自分としては非常に良い経験をさせてもらったと感謝しています」

そのあと、ほかのドラマや映画にも出演している奥野だが、「早いうちに気づけて良かったと思います。今は、自分がどういう話し方をしていて、どんな点がダメなのか、どうしたら自分の嫌なところが直せるのかを考えるようになりました。お芝居のことでは、監督に聞くこともあります」と謙虚に努力を重ねている。

どの現場でも学ぶものはあるという。『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』では、主人公である官能小説家・木島理生役を演じた竹財輝之助から、間の取り方を学んだそうだ。「竹財さんの演技を見て、すごく勉強になりました。役の性格もあるとは思いますが、竹財さんは僕が今まで共演してこなかったタイプの役者さんだったので、今後の演技に活かせることができたらいいなと思いました」

「やればやるほど楽しくなっていく」と演技の醍醐味も実感している。「お芝居ってこんなに難しいのかと日々思います。でも、パズルなどもそうですが、簡単なものよりも、難しいものを達成できた時のほうが面白い。僕は地道にコツコツやるのが割と好きなタイプなんです。『仮面ライダー』が終わってからは、いろんな役に挑戦できる面白さが加わりました。いろんな役に出会い、その役を通してその人生を僕自身が体験していけることが、役者の醍醐味だなとも思います」

そんな奥野は、影響を受けた先輩俳優として、『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』(19)で共演した生瀬勝久を挙げる。「生瀬さんから『お芝居は生物だから、自分の凝り固まった役のイメージだけで演じるのではなく、現場で生まれたものを大切にしなさい』というアドバイスをいただきました。なるほどと感じ、その言葉は常に大切にしています。それ以降、自分の中で作っていくだけではなく、相手のお芝居をどう受けて、どう返せるか、考えるようになりました」

憧れの俳優については「安藤サクラさん、尾野真千子さん、妻夫木聡さん、(永山)瑛太さんなど、いっぱいいます」とし、いつか一緒に仕事をしてみたい監督には、是枝裕和監督や武正晴監督の名前を挙げる。

「『万引き家族』(18)もそうですが、是枝監督の作品はナチュラルな世界観が魅力で、ありそうでない、でもやっぱりありそうな世界観を作るのがすごく上手な方だなと思っています。だから、僕もああいう世界観の中で生きてみたいです。また、安藤サクラさんの『百円の恋』(14)の武正晴監督も面白い物語を演出されるなと思います。まあ、挙げだしたらきりがないのですが、とにかく今後もいろんなジャンルの作品に挑戦していきたい。ただそれだけです」

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 厚生労働省、 内閣官房、 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報も合わせてご確認ください。

■奥野壮(おくの・そう)
2000年8月21日 生まれ、大阪府出身。「第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でフォトジェニック賞&明色美顔ボーイ賞をW受賞。『仮面ライダージオウ』(18~19)でテレビ初出演にして主演。ドラマ『柳生一族の陰謀』(20)、『ピーナッツバターサンドウィッチ』(20)、映画『私がモテてどうすんだ』(20)等に出演。2021年主演映画『灰色の壁~歯車~』が公開予定。

(C)2021松竹株式会社 (C)丸木戸マキ/祥伝社

https://news.mynavi.jp/article/20210226-okuno_so/

マイナビニュース
オープニングキャスト募集
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!