どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

コロナ禍の花粉症はどう乗り越える?便利なバッジやワッペン

コロナ禍で、くしゃみや咳に対して敏感になっていますよね。友人の間でも、少し咳やくしゃみをすれば「コロナや。」と茶化したりすることもあるのでは?

筆者は花粉症と喘息持ちですので、最初の緊急事態宣言の時に周りの目がキツく不安でした。しかし、コロナで敏感になる人たちの気持ちも分かります。条件反射で咳をする人がいれば、自然と避けるようになっていたからです。

筆者も自然と相手を傷つけていました。

なんとも住みにくい世の中。ワクチンで収まることを祈る他ありませんよね。

そしてこれから花粉の多い季節にも入ります。早くても明日からスギ花粉がピークになるので、早めに対策を取っている人も多いことでしょう。

対策は内側だけでは意味がありません。花粉の薬や喘息の薬を飲んでいても、他の人には分かりませんので、直接的なアピールが必要です。そこで、「喘息」や「花粉症」を伝える便利グッズを紹介していきます。

便利グッズ①缶バッジ

出典:楽天市場

コロナが蔓延したことで注文が殺到し、売り切れになる通販サイトも出てきた「缶バッジ」。マスクに直接安全ピンを刺して使います。たったこれだけで「喘息だよ」「花粉症のくしゃみだからうつらないよ」とアピールができるでしょう。

缶バッジは、何度も付け替えができるので、2つほど持っておけば使い回しが可能。通販では安価で販売されており、コスパも良いですよね。可愛いデザインのバッジもありますので、友達や家族とお揃いにしても可愛いグッズ。

便利グッズ②ワッペン

出典:楽天市場

ワッペンも、マスクに直接付けられるものです。アイロンを用いて普段使っているマスクに押し当てるだけですので、誰でも簡単に取り付けられるでしょう。しかし、使い捨てのマスクに取り付けられないことや何度も洗濯を繰り返すと剥がれることがデメリット。

もし、ワッペンを使う場合は、ミシンや手縫いで軽く縫い付けておくことをおすすめします。缶バッジより危険性も少なく、布マスクに合うデザインが豊富ですので毎日のマスク生活も楽しくなりますよ。

便利グッズ③クリップ

出典:楽天市場

缶バッジより取り付けが簡単なクリップも販売されています。

マスクの上部に挟むだけですので、使い捨て・使い回しのマスクどちらにも対応。他にも、コップや服のポケットに使えて便利です。

安心の抗菌加工とキュートなデザインは女性の間でも人気となっています。お子様のアレルギー対策にも使えるのではないでしょうか。

まとめ

マスク生活が終わる日はまだ分かりません。喘息や花粉、なんらかのアレルギーで困っている人は見知らぬ人に伝えるためにも、今回紹介したアイテムを活用してみてください。コロナ禍での差別や偏見が減ったとはいえません。自分で対策を取ることも一つのうちだと覚えておいてくださいね。

こちらの記事もチェック♡

GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!