どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

どうして元彼のことを思い出すの?その心理と頭から離れないときの対処法

どうして元彼のことを思い出すのでしょうか?ここでは元彼を思い出すシチュエーションや心理、また対処法までご紹介しますので、頭から元彼が離れない場合にぜひご活用ください。

近頃元彼を思い出すあなた。 それはある心理が働いていて、特定のシチュエーションにより記憶が呼び覚まされてしまうからです。 記憶を呼び覚まされたことで、否応なしに元彼が脳裏に現れることになるでしょう。

ではここで、どうして元彼を思い出すのか、その心理や対処法などについてご紹介します。 元彼とどうしたいかはあなたの判断ですが、いずれにせよ思い出に囚われないように立ち回るようにした方が今後のためになると言えます。

元彼を思い出すシチュエーション

吹き出し

pexels.com

まずはじめに元彼を思い出す、もしくは思い出しやすいシチュエーションからご紹介しますね。 あなたがどうして元彼を思い出してしまうのか、その原因をつきとめるのは対処法を行う際に必須の情報となりますので、どれが当てはまるかを考えるところから始めましょう。

以前二人で行った場所を見たとき

恋人時代、二人で一緒に行ったことがある場所を再度見たときは、元彼を思い出すシチュエーションとして比較的多いものです。

何せ一度は元彼と訪れているのですから、記憶として普通に残っているはずですし、記憶から連鎖的に元彼が引き出されてもなんらおかしくはないんです。

人間、一度訪れた場所はなかなか忘れませんし、忘れようとしたところでまず忘れることはできません。 記憶があいまいになり始めたとしても、ちょっとしたきっかけで鮮明に思い出してしまうでしょう。 日常ではなく「あえて二人で行った」ことから、強く潜在意識にすりこまれていることが伺えます。

今の彼氏に不満があるとき

今の彼氏に不満があると、必然的に元彼を思い出しやすくなります。 なぜなら、今彼と元彼は身近な比較対象。

「今」と「元」で違いはあるものの、カテゴリとしては同じ「彼氏」なのですから、イメージとして頭に描写しやすいんですね。

そしてこの場合は今彼に不満があるのですから、「元彼はこうしてくれた」「今彼はコレが足りない」と、今彼を下げて元彼を上げてしまうことになりますよね。

思い出した上で元彼を持ち上げてしまえば、さらに元彼の印象が良くなってしまい、ますます忘れられなくなるんです。 元彼が忘れられなくなれば、思い出す可能性はもっと高くなる…こんな流れになるでしょう。

元彼に関わる何かを見たとき

プレゼント、置いていったもの、記念品…これら元彼が関わっているものが視界に入れば、自然と元彼を思い出します。

何せ、それぞれ「元彼からの」「元彼が」「元彼との」が頭に付くわけですから、認識すれば自動的に連想して当然ですよね。

倉庫やすぐに取れない場所に保管しているならまだしも、普段使いできるなどの身近にある場合は思い出さなければおかしいでしょう。

なお「物」でなくても、元彼が紐付けられる何かであればどんなものでも思い出す可能性があります。 たとえば元彼がやっていた仕草、口調、服装などを他の人が同じようにしている場合も、たちまち連想してしまうでしょう。

イベントや記念日

イベントや記念日も、元彼を思い出すきっかけのひとつです。 イベントであればクリスマスやバレンタインなど、世間が色めき立ち始める頃はあなた自身も「彼氏」を想像する頃。

それにより、元彼が記憶から抜粋されるのは自然な流れですし、現時点であなたに新しい彼氏がいないのならなおのことなんです。

さらに元彼の誕生日、元彼と決めた記念日などは、イベントよりも元彼が強く絡むことから紐付けやすく、思い出す可能性が極めて高いでしょう。

なお「あなたの誕生日」であっても、以前に元彼が強く関わっていたのであれば、元彼の記念日でなくても思い出してしまうことが少なくありません。

元彼と同じ名前の人を見かけたとき

もう思い出して当たり前と言えますが、元彼と同じ名前の人を見かけると、やはり自動的に元彼が記憶から引き出されます。

元彼の名前なのですから、他のどんなシチュエーションよりも直接的に記憶への作用が強いと言えますよね。 一般的ではない名前であれば、世間に同じ名前の人が少ないことからあまり気にする必要はありませんが、よくある名前だと事あるごとに思い出してしまうでしょう。

元彼へのこだわりが強い、また別れてもずっと好きな場合は、苗字が同じというだけ思い出すきっかけとなることも。

共通の知り合いと会ったとき

あなたと元彼が共に知っている友達、知人など、共通の知り合いと会ったときも元彼を思い出すシチュエーションとなります。

これも単純な話で、相手は元彼とも知り合いであるため、自然と元彼に関する記憶も連動して頭に浮かび上がってくるんですね。

それともうひとつ共通の知り合いに会ったことで、あなた自身が相手に対して元彼の近況を知っているかなど、「意識せず」情報を求める姿勢が元彼を浮かび上がらせている節もあります。

さらに相手はあなた方二人を知っていますので、話題が自然に元彼ネタになりやすいのも思い出すに際して拍車をかけています。

元彼を思い出す心理

大きなハート

pexels.com

ここでは、元彼を思い出すあなたの心理の中で、考えられるものをご紹介します。 一体自分自身、どんな心理があって事あるごとに元彼を思い出すのか…自分に置き換えて考えてみて、自己分析に役立ててみてはいかがですか。

まだ好きな気持ちが残っている

元彼に対してまだ好きな気持ちが残っていると、息を吐くように元彼を思い出してしまうでしょう。 つまりあなたは片思い状態で、未だ深層では恋愛中となりますから、思い出すどころか毎日元彼を想っていても何ら不思議ではないんです。

付き合う前、別れた後と状況に大きな違いがありますが、恋する乙女であることには変わりないと言えるでしょう。 よって、日常的に元彼が頭に存在していることが伺えます。

根幹にあるのが好意であるため、復縁を目指している場合はポジティブ傾向、諦めようとしている場合はネガティブ傾向と極端になりがちです。

身近に比較対象がある

今彼、その他の男性など、身近に比較対象があると心理的に元彼を思い出しやすくなるでしょう。 たとえば、今彼が頼りなく元彼の方が頼りになった、職場の同僚男性はモテるけど元彼の方がイケメンだったなどです。

特に年齢が同じ、または近い男性であれば、ほぼ比較対象となるでしょう。 元彼は別れた相手であるため、もしあなたがまだ元彼を好きならその比較にバイアスがかかるので、元彼を持ち上げることになるんです。

逆に元彼が嫌いなら、周囲の男性の評価が相対的に上昇しますので、「元彼下げ周囲の男性上げ」の傾向になるでしょう。

これまでの恋愛における登場人物の一人

人間、自分の人生を振り返ることは多々ありますが、その一貫として自然と元彼は登場人物の一人として現れます。

それもそのはずで、まず自分の人生を振り返った際、恋愛なんてかなり重要なところですからしっかりと思い出しますよね。 もちろん当時の「お相手」も思い出すでしょうし、思い出さなければきちんと振り返るなんてできません。

つまりあなたが人生を振り返れば、元彼は当たり前のように現れるんです。 ただし、あなたの元彼に対する重要度で脇役なのか、はたまたメインキャラクターなのかの違いがあります。

執着心がある

あるものに惹かれ、強く思い込む意味を持つ執着心は、元彼を思い出す典型的な心理のひとつ。 なぜなら、まずこの場合の執着心とは、元彼に対して別れたあとも惹かれている、元彼に対する強い思い込みがあるという意味です。

終わったあとも後ろ髪を引かれている…つまり「もったいない」の感覚で、元彼を「手元に置いておくべきもの」と考えていることが分かります。

しかし現在、手元に置いておくべきものがない、手元に置こうとしても置けないので、何がなんでも手にしたいという気持ちが生まれやすい状態と言えるでしょう。

手にしたい気持ちは欲求になりますので、「欲」であることから心理としては非常に強く、思い出すのも仕方がないんです。

一人で寂しいと思っている

寂しい気持ちは、元彼を記憶から呼び覚ます心理として比較的多いと言えます。 世間の賑わい、自分の周囲にいるカップル、人恋しさなどにより一人の寂しさを認識させられて、気持ちを紛らわそうと元彼を思い出して自分を慰めるんですね。

誰かといてもそんな認識を抱く場合もありますし、状況によっては彼氏がいるのに元彼を思い出して泣くケースも。

どんなシチュエーションであっても、その人が「自分は一人」と思ってしまうと一人ではなかった時代…つまり元彼と一緒だったあの頃がフラッシュバックするんです。 元彼を忘れられない、今も好意を抱いている女性によくあるパターンです。

元彼を思い出すときの元カノの気持ち【ポジティブ編】

寄り添う二人

pexels.com

ここでは元彼を思い出すときの、元カノの気持ちの中でもポジティブなものをご紹介します。 ご紹介する気持ちに当てはまるなら、今もあなたは元彼が好きで忘れられないのでしょう。 素敵な思い出とあなたは思われているかもしれませんが、素敵すぎる思い出は時に弊害になることも。

今彼よりも素敵な印象だった

元彼を思い出したとき、今付き合っている彼氏よりも素敵な印象があった場合は、元彼に対してポジティブな気持ちを抱いています。 優しい当時の元彼が頭に浮かんだと同時に、幸せな気持ちにもなったのではないでしょうか。

これは、元彼を良い思い出としていると言えば聞こえがいいのですが、別れたあともまったく元彼が忘れられない「先へ進めていない」状態とも言えます。

しかもこの気持ち、元彼に対してポジティブなものを抱いていることから、自然と今彼に対してネガティブな気持ちを抱く傾向となります。 つまり、心の中で未だ決着がついていないということで、何らかの対処が必要になります。

懐かしい気持ちに満たされた

頭の中に元彼が現れた際、懐かしい気持ちを感じるとポジティブな感情、良い印象を抱いていると言えるでしょう。

なかなか自覚ができませんが、「懐かしい」という気持ちは過去の出来事に対して、心が引かれている意味を持つのです。 現に元彼を懐かしんだとき、嫌な感情は抱かなかったのではないでしょうか。

「あの頃は楽しかった」「素敵な時間だった」など、思い出を振り返ってばかりではありませんか? 元彼に対するポジティブな気持ちは結構ですが、このままでは過去に縛られて前に進めなくなる可能性があるので、どこかで気持ちの整理をしなくてはなりません。

やっぱり忘れられない

脳裏に浮かんだ元彼を認識して、やはり忘れられない、胸が苦しいと感じる場合は未だ元彼に強い好意…つまり、元彼に対してポジティブな印象を抱いています。

胸が苦しいくらい忘れられないのですから、恋愛初期のような強い恋心を、別れたあともずっと抱き続けているのです。

もっともこのケースでは、元彼に対して好意を抱き続けている自覚がある人と、自覚がない人で分かれてしまうでしょう。 よってあなたが当てはまるのなら、まずは今もなお元彼が好きであると認識する、または認めましょう。

その上で自分自身の気持ちに決着をつけるようにすると、自覚がある分対処しやすくなります。

昔の自分に腹が立つ

元彼を思い出したあと、どうして別れたのかと自分自身に憤りを感じているパターン…なのですが、一見ネガティブな気持ちに思えますよね。

ですがこの場合、自分に腹を立てていることからネガティブな感情はあくまで自分向けで、元彼に対してはポジティブな気持ちを抱いています。

どうしてあんな素敵な元彼と別れたのか、どうしてそんな選択肢をしたのかよく分からず、自分に対して行き場のない怒りを感じているんですね。 もっとも、元彼に対してはポジティブでも、自分自身にはネガティブですので対処は自然と必要になります。

目の前の問題を忘れられる

頭に元彼が浮かんでくると、目の前にある問題などのあらゆる「面倒なこと」、「嫌なこと」を忘れられるのも、元彼に対してポジティブな気持ちを抱いている証左です。

元彼との思い出が良い意味で強いため、嫌なことや問題をポジティブな気持ちで覆い尽くし、一時的に忘れることができるんです。

しかし、いくらポジティブな気持ちだとしても、そんな状態では問題を先送りにするだけ、また現実逃避をしているだけに過ぎません。

過去を素敵なものとするのは結構なのですが、それでも人は前に進むしかありませんので、早急な対処が求められます。

元彼をポジティブに思い出すときの対処法

たくさんの写真

pexels.com

ここでは、元彼をポジティブに思い出すときの対処法について、適切なものをご紹介します。 素敵な思い出だけに存分に浸りたいところですが、過去は過去でありいつまでも縛られるわけにはいかず、どこかで決着をつけなければなりません。

復縁を目指す

元彼を思い出す理由が、そしてそれがポジティブなものであるなら、まず考えるべき対処法は「復縁」となるでしょう。 いつでも心に元彼がいるんですから、最良の決着をつけるためには復縁が最も望ましいんです。

ですが、基本的に復縁はいばらの道。 復縁を成すためには相応の努力、忍耐が必要であるため、自分の気持ちをしっかり固めた上できちんと腰をすえて、慎重に臨む必要があるでしょう。

やるべきことをすべてやった上であれば、たとえ復縁に至らなくてもある程度は納得できるはずです。

良い思い出としておく

別にあなたからは動くことなく、良い思い出である元彼をそのままにしておく、素敵な記憶のひとつとしてしまっておくのも手です。 もっともそんな風に思っていても、なかなか飲み込めないのが人間。

元彼に思い出してほしいなどの欲が出る、また今は彼氏がいるのに元彼と連絡をしてしまうなど、良い思い出と素直にしまっておけない場合もあると思います。

そんなときは、ひたすら日にち薬で元彼が記憶の片隅となるのを待つか、友人などと頻繁に絡んで気を紛らわすなどをして、工夫して過ごすようにしましょう。 新しい恋愛をして、元彼以上に素敵な相手を探すのも有効です。

過去の人物だと割り切る

ポジティブに思い出してしまう元彼だけになかなか難しいところですが、涙を飲んで過去の人物だと割り切る勇気も必要です。

しかし、簡単にそんなことができれば誰も苦労はしませんし、できないからポジティブなものの苦しさを感じてしまうんですよね。

だからこの際、あえて元彼の悪いところや格好悪いところをたくさん思い浮かべてがっかりしてみると効果的。 勝手に見損なわれる元彼がちょっと気の毒ですが、あなたの中で完結するものですし、あなたが前に進むために必要だと、そこも割り切ってしまいましょう。

元彼を思い出すときの元カノの気持ち【ネガティブ編】

苛立つ女性

pexels.com

次に元彼を思い出すときの、元カノの気持ちの中でもネガティブなものをご紹介します。 元彼を思い出したと同時に嫌な気持ちになった場合は、大抵これからご紹介するものに当てはまると考えられますので、ご自身の気持ちを確認してみてください。

辛い記憶まで呼び起こされる

元彼と思い出したと同時に、元彼が絡む辛い記憶まで呼び起こされてしまうのは、典型的なネガティブ傾向です。

おおよそ元彼自体、過去の行動に何らかの問題があったのではないでしょうか。 たとえば浮気をしていた、また人格を否定してきた、最悪DVなども考えられるでしょう。 元彼との思い出がそんなものばかりで、思い出すたびに悲痛な気持ちになってしまうんです。

しかもこの場合、辛い記憶だけに鮮明、鮮烈に印象が残ることから、なかなか忘れられません。 そのため、「忘れるために」何らかの行動を起こさないと、今後もフラッシュバックする恐れがあるでしょう。

腹が立ったりイライラしたりする

怒りとほぼ同時に元彼を思い出すのも、別れたあとによくある現象です。 元彼との思い出がロクなものじゃない、また手ひどく振られたことも一緒に思い出してしまうことで、怒り心頭になってしまうんですね。

怒りが根底であるためにネガティブですので、抱え続けてしまうとストレスを溜め込んだり、イライラにより日常生活への弊害が懸念されます。 ですので、怒りを解消できる対策が求められます。

もっとも怒りが根底にある場合は、怒りさえ何とかしてしまえば自然に元彼も忘れていきますので、対処は比較的容易だと言えるでしょう。

くやしい気持ちになる

悔しさと共に元彼が頭に浮かぶ場合、あなた自身が非常にネガティブな感情を抱いているため、やはり早急な対処が必要となります。

自尊心を傷つけられた、また屈辱的な別れ方だったなど、あなたの溜飲がなかなか下がらない出来事が二人の間にあったのでしょうね。

だから、元彼を思い出すと同時に当時の出来事も蘇ってしまって、元彼に目にものを言わせたい感覚に陥ってしまっているんです。

ただ実際元彼への復讐なんてちょっと問題行為ですので、それ以外であなたの溜飲を下げるための工夫を考えた方が建設的でしょう。

自分に嫌気がさす

ふと脳裏に過ぎった元彼…その瞬間自分に嫌気がさしてしまうのも、よくあるネガティブな感情です。 このように言っては何ですが、おおよそ元彼がどうしようもない男だったことが伺えます。

そんな人と付き合っていた事実があること自体あなたは許せなく、当時の自分の選択を後悔してるんです。 となると、どこかで過去は過去でしかない、若気の至りであるといった「飲み込める」、または「力に変える」意識を持たなければなりません。

過去は決して消えることはありませんから、過去を消したいという気持ちよりも現在を昇華するスタンスを持つ方がいいでしょう。

元彼をネガティブに思い出す場合の対処法

仕事をする女性

pexels.com

最後に、元彼をネガティブに思い出す場合の、対処法についていくつかご紹介をさせていただきます。 思い出す根底がネガティブなものの場合、ポジティブなものより比較的速やかな対処が必要と言えますので、お役に立つはずです。

趣味や仕事に没頭する

趣味や仕事に没頭するのは、ネガティブに現れる元彼を忘れるためにとても有効。 何かに集中していれば、集中しているものだけを見られますので、自然と元彼は記憶のどこかに追いやられるでしょう。

もっとも、趣味や仕事が終わればまた思い出すことになるのですが、人の記憶回路は思い出すことで強く結び付くもの。 何度も繰り返して思い出すことで、人間と記憶というのはより脳に強く刻まれるのです。

逆に趣味や仕事をひたすら繰り返して、意識して思い出さないようにすれば、記憶回路の結び付きは弱くなるでしょう。 つまり「いずれ」元彼を忘れられる、若しくは遠い記憶になるということです。

元彼を反面教師として役立てる

どうしようもない、思い出したくもない元彼は記憶から末梢したいところですが、いっそのこと反面教師として役立てるのも手です。

「元彼みたいになってはいけない」、「あんなろくでもない人間にはならない」と、自分に言い聞かせるんですね。 ネガティブに思い出してしまう元彼の場合、はっきり言って人間として問題があると言えますよね。

ですが問題があるからこそ、問題のないあなたでは気づけない何かに気づける、学べるところがあるんです。 要するに、過去の出来事を体よく利用する…そういう姿勢を持つと、あなた自身も学べますし溜飲も下がるでしょう。

思い出す要素を処分する

とにかく元彼を思い出すのが嫌、苦痛でしかないなら、その「元」を絶ってしまいましょう。 というのも元彼を思い出すに際して、身近に元彼を連想させるものがあるのではないでしょうか? 元彼が関わっている何かは、あなたの辛い記憶を呼び覚ます引き金となるので、速やかに処分しましょう。

そこに思い出す要素がなければ、きっかけがなくなっているので思い出す機会も減る結果となります。 もっとも、嫌な記憶ですので元彼が関わるものがなくても思い出す可能性はありますが、それでも可能性としてはかなり減るものと考えられます。

自ら元彼を思い出す機会を与えておくのは悪手ですので、今すぐにでも捨ててしまうことをおすすめします。

頭から元彼が消えるくらい良い思い出を作る

嫌な思い出しかない元彼なんて、良い思い出でかき消してしまうのが一番です。 例えば徹底的に遊ぶ、素敵な彼氏を作る、何かを創作するなど、思い出として煌びやかなものを積み重ねるといいでしょう。

良い思い出があなたにどんどん積み重なっていくことで、嫌な思い出はもちろん嫌な思い出そのものである元彼は、あなたの記憶の端に追いやられていきます。 そうなればたとえふと元彼を思い出しても、良い思い出たちがあなたの心を守ってくれるでしょう。

ただし、良い思い出をたくさん作るために、一定の努力が必要になります。

良い意味でも悪い意味でも思い出すのが元彼

カップル

pexels.com

思い出すものなんて良いものばかりであってほしい…ものの、そうはいかないのが人間。 問題は、元彼との思い出の良し悪しよりも、それらの思い出にどのように対処していくかです。

あなたが元彼を思い出す根底は分かりませんが、どちらにせよ適切な対処をすると思い出に振り回されない結果となるでしょう。

しかし今回で対処法を知ったあなたであれば、思い出の良し悪し関係なくうまく付き合える、またはどの思い出にも対処できるはずです。

https://koimemo.com/article/17972

KOIMEMO
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!