どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

「まとめ買い VS. 都度買い」あなたに向いているやりくりはどっち?

節約しているのにお金がなかなか貯まらない……と悩んでいる人は、実は、今のやりくり法が自分に向いていないのかも!?

全国の主婦を取材して、お金に関する記事を数多く手がける村越克子さんが、どんなやりくりがあなたに向いているかを解説します。

予算は1週間で管理 VS. 1日に使えるお金を決める

1カ月のやりくり費を管理する方法は、大きく分けて

・やりくり費を4週(または5週)に分けて、1週間ずつ管理する
・1日に使っていい金額を決めてやりくりする

という2つの方法があります。

「1週間ずつ管理する方法」は、まず週予算を決めます。曜日によって使ったお金の金額がまちまちでも、1週間で予算内に収まればOK。1週間の予算=使えるお金を袋に分けて管理すると週予算が守りやすくなります。袋の中に残っているお金が、今週使えるお金。目で見て確認できるので、わかりやすいのが利点です。計算が苦手な人、使ったお金を記録する=家計簿をつけるのが面倒な人に向いています。

一方「1日予算で管理する」場合は、その日使った金額をカレンダーや家計簿にメモします。たとえば1カ月のやりくり費を3万円に設定したら、1日1,000円予算。1日に3,000円使ったら、明日、明後日の2日間は出費を控えます。反対に一昨日、昨日と2日間、お金を使わなければ今日を含めて3,000円分の貯金があることに。計算が苦にならない人、ゲーム感覚でやりくりを楽しみたい人に向いています。

貯蓄は先取り貯蓄 VS. 残し貯め

給料日に毎月決まった金額を貯蓄用口座に入金するのが「先取り貯蓄」。積立定期預金などで、自動的に貯蓄用口座に入金するように設定しておくと、手間がかからず、確実に貯蓄することができます。やりくり費の口座にお金があるとつい使ってしまう人は、先取りで強制的に貯めるのが向いています。

「残し貯め」は給料日前に残っているお金を貯蓄する貯め方。使えるお金が足りなくなるのが不安な人や、お金の管理がある程度できていて、毎月決まってた金額を残せる人に向いています。

買い物はまとめ買い VS. 都度買い

食料品を買うのはほぼ週1回と決めると、食費予算が守りやすくなります。ただし1週間分の献立を先に立てて、買い物メモを作る手間がかかります。行き当たりばったりにまとめ買いしても、使い切れずに食品ロスになる危険性があり、節約どころか逆効果に。まとめ買いは1週間の献立計画を立てられる人、つくりおきや冷凍保存が苦にならない人向きです。

都度買いはスーパーに行く回数が増える分、つい余計なものまで買ってしまうというデメリットがあります。おいしそうなもの見ると、つい買ってしまう人には向いてないかもしれません。

でも、ちょくちょくスーパーに足を運んでいるからこそ、お買い得品を見つけるチャンスもあります。特に、日によって思わぬお買い得品が出ることがある「見切り品」狙いなら、都度買いが有利かも。

支払いは現金 VS. クレジットカード

家計の収支は1カ月単位で管理するのが基本。クレジットカード払いだと、支払いが1カ月または2カ月先になるので、出費の管理が難しくなります。また手元のお金が減らないので、「今月あといくら使えるか」がわかりにくいデメリットも。やりくり初心者さんは現金払いが無難ですが、ポイントを貯めるためにカード払いする場合は、使った金額分の現金を「カード払い用」の袋に取り分けておくのがオススメです。

カード払いにするなら、100円の買い物もカードで支払い、カード払いに徹するのがオススメ。カードの利用明細書がそのまま家計簿代わりになります。また週1回ペースで、カード会社のマイページにログインして、利用履歴をチェックして使いすぎを防ぎましょう。

まとめ

やりくりの正解は人それぞれ。自分に向いているやりくりが正解です。今のやり方で思うようにお金が貯まらないのに、ストレスばかりたまる……という人はやり方を変えてもいいかもしれません。

■執筆/村越克子さん
『サンキュ!』を中心に雑誌・ムック・webなどで全国の主婦を取材し、家計のやりくりなどお金に関する記事を数多く手がける。『貯められない人の家計管理』(朝日新聞出版)の編集・執筆など。

https://39mag.benesse.ne.jp/money/content/?id=29193

サンキュ!!
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!