どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

ストレスを感じた時の解消法「ストレスコーピング」を試してみませんか?

働く女性にとって、日々のストレスは大敵です。ストレスが溜まると、ひとは身体の調子だって悪くなります。
今の日本は非常にストレスフルな社会なので、元気に毎日を過ごすには、ストレスと上手に付き合うための心構えが必要です。
 
そこで今回は、ストレスと上手に付き合うための心理学テクニック「ストレス・コーピング」をご紹介します。

ひとがストレスを感じるメカニズム

ひとがストレスを感じたとき、どのようなメカニズムで心身に不調をきたすのかは、今日の心理学でかなりの部分が解明されています。
 
現在、もっとも影響力をもっている理論は、感情とストレスを研究していたラザラスらによる「トランス−アクショナル・モデル」。
これによると、ストレス源が心身に及ぼす影響は、個人がストレス源をどのように認識し、どのように対処したかによって異なってくるとされています。
 
また、本人がもともと持っている考え方のパターンや経験、脆弱性といった素因によって、ストレス源がどの程度の大きさのストレスとして感じられるかという個人差があらわれてくるといいます。
 
トランス−アクショナル・モデルでは、ストレスフルな状況に対し、いかにそれをうまく乗り越えるかということも重視しており、そういった対処法を「ストレス・コーピング」と呼んでいます。

ストレス・コーピングの方法論

ストレス・コーピングには、ストレスの原因そのものを変化させることを目的とした「問題焦点型コーピング」と、ストレス源によって生じてしまった不快な感情を自分の心でコントロールする「情動焦点型コーピング」の2種類があります。
 
効果的なコーピングは、ストレス源の性質や状況において2つのコーピングを使いわけることです。たとえば、SNS疲れを起こしているのなら、問題焦点型コーピングが有効。しばらくSNSから離れて、またやりたくなるまで待てばいいのです。
 
職場が辛くてもすぐにやめることができないのなら、情動焦点型コーピングが向いています。「世の中の役に立てていてありがたい」と発想を合理化して、自分を鼓舞するのです。
 

ストレス・コーピングの具体案3選

とは言っても、今日の社会では、環境を変えるのはなかなか難しいもの。必然的に情動焦点型コーピングが重要になってきます。では、具体的にどういう風に心をコントロールすればいいのか?
 
癒しの効果について研究している山田冨美雄が提唱する3つのストレス・コーピング法をご紹介しましょう。
 

その1:ストレス源から肯定的な意味や価値を見出そうとする

上司に怒られたのなら「期待されているから」と考える。仕事でミスをしたら「良い経験になった」と考える。彼氏と別れてしまったら「失敗から人生の深淵を学ぼう」と考える。
 
ときにはネガティブ・シンキングが重要になる時もありますが、心のダメージを最小限に抑えなければいけない時は、肯定的な発想に変えることが大切です。
 

その2:否定的な感情を笑いに変える

女子会などで心から話せる友人相手に、失敗談をネタにして笑いを取るのはとても効果的です。
 
友達に話すのが恥ずかしいという人は、失敗談をテーマにしたブログなどを書いてもいいでしょう。
匿名で投稿できるので、思い切り楽しめると思います。
https://1af0e5bf5b7da82efb48408b90131014.safeframe.googlesyndication.com/safeframe/1-0-37/html/container.html

その3:自己主張は良いことだと信じる

SNSには色々な人間関係が介在しているので、堂々と自己主張するのは難しいことですが、本当にちょっとしたことでもいいんです。
 
たとえば、美味しいものを食べた、かわいい雑貨を買った、綺麗な夕焼けを見た、そういうものをアップするのだって、立派な自己主張です。
「いいね!」の数を気にしたりせず、上手に使えば、SNSみたいなものは良いストレス・コーピングになります。
 
もちろん、リアルの信頼できる友達にいっぱい甘えるのも大切です。日本は閉鎖的な村社会文化がいまだに残っているため、自己主張が強いと敬遠されがちですが、時には自己主張をするのも大切だってことは、心に留めておいてくださいね。
 

ストレスフルな社会に負けないで

女性が社会に出て働くことが当たり前になった昨今ですが、まだまだ男性中心の社会構造は残っているため、そのストレスは非常に大きなものだと思います。
 
また、社会が変わるのをただ待っているだけでは、ストレスに押しつぶされてしまうでしょう。大切なのは、ストレスと上手に付き合っていくための方法論を、しっかり身につけることです。
 
お仕事大変だと思いますが、ストレス・コーピングを活用して、明日も元気に頑張ってくださいね。
 
(yummy!編集部)

https://magazine.gow.asia/column/life/3517/

yummy!
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!