どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

【徹底解説】今年こそ断捨離!溜まりがちな洋服を断捨離するコツ

年末の大掃除に向けて、服の整理をする機会が増えるでしょう。しかし、服があまりにも多く溜まってしまうと、どこから手をつけたら良いか分かりませんよね。

そこでおすすめしたいのが、シンプルな手順を踏んで整理していく方法です。服の量が多くても、手順に沿って処理すれば効率良く片付けられます。

服の断捨離は時間がかかってしまいますが、この記事で紹介する方法を使って、手早く整理を終わらせましょう。

断捨離のコツ

断捨離が苦手な人は、「もったいない」という共通した考え方を持っていることが多いでしょう。

「もったいない」は、ものを大事にする良い思考だとされることがあります。しかし、服の断捨離をするうえでは捨てたほうが良い思考です。もう着なくなった服があっても、「もったいない」からといって置いておくと、どんどん服が溜まってしまいます。

服の断捨離をするときはもったいないという考えを持たずに、「少しでもいらないと感じたら処分する」ことを意識しましょう。

1. 分類する

はじめに、クローゼットの中の洋服を出して分類しましょう。

持っているすべての服を、

  • いる服
  • いらない服
  • 保留

の3つに分類することがおすすめです。

「いる服」は、お気に入りの服やよく着る服など、捨てる予定のない服を指します。

「いらない服」には、ほとんど着てない服や、気に入っていない服など、明らかにこれから着ることがない服を分類します。

「保留」は、捨てるか捨てないかすぐに判断できない洋服です。あまり着ないけれど高かった服や、お気に入りだけれど着古してしまった服などに当てはまります。

2. 「保留」の服について考える

服の分類ができたら、「保留」に分類した服を捨てるか捨てないか判断しましょう。判断をするときに、「着ていない服」と「着古した服」を思い切って処分してしまうことがポイントです。

買ったり貰ったりしても着ていない洋服は、まだ綺麗な状態のものも多く、捨てるのがもったいないと感じますよね。しかし、着ることがないから綺麗な状態であることを忘れてはいけません。それまで着なかった服は、これからも着る可能性は低いと考えて良いでしょう。

人から貰ったものや値段が高かったものでも、着ることがなければ持っていても仕方ありません。思い切って処分してしまうのがおすすめです。

着古してボロボロになった服も捨てましょう。毛玉や汚れがついてしまった服でも、お気に入りだったものを捨てるのは寂しい気持ちになりますよね。しかし、服にも寿命があるので、一生着続けられません。どれだけ大切に着ていたとしてもいつかは着られなくなるので、服に感謝をして処分しましょう。

3. 捨てる服の処理をする

捨てる服と捨てない服を分け終えたら、服の処分方法を決めましょう。洋服をゴミに出す以外にも、おすすめの方法がいくつかあります。

まず、「フリマアプリ」や「オークション」に出品する方法です。

最近では、一般人が気軽に使えるフリマアプリが広まっているので、いらなくなった洋服を簡単に売れます。服の処理ができてお金も稼げるので、一石二鳥でしょう。

ブランド品などは、インターネットでオークションにかけるのもおすすめです。ヴィンテージものなら、予想以上に高値で買ってもらえる可能性もあります。

また、服を必要としている人に譲るのも良いでしょう。思い入れのある洋服を知り合いに着てもらえると、嬉しい気持ちになります。お気に入りの服が他人の手に渡ることに抵抗がある人におすすめです。

リサイクルのために回収してもらうという方法も。いくつかのブランド店では、店内に回収箱を設置し、以前にそのブランドで購入した服を回収してもらえるというシステムがあります。周りに服をもらってくれる人がいないけれど捨てるのは気が引ける、という人は利用してみると良いでしょう。

まとめ

この記事では、服の断捨離をするときにおすすめの方法をご紹介しました。面倒に感じて後回しにしてしまうことの多い断捨離ですが、コツを掴めば手早く終わらせられます。

気づかない間に増えてしまう洋服を断捨離できると、収納に余裕ができ、部屋をより綺麗に保てるでしょう。今年の大掃除で洋服を断捨離するときには、こちらの記事で紹介した方法をぜひ活用してみてください。

こちらの記事もチェック♡

GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!