どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

好きな男性がちょっと変わった趣味にハマっていたら? アラサーOLが真剣に考えてみた

仕事終わりや休日に嗜むものとして趣味の時間っていいですよね。しかし世の中にはすこし変わった趣味をもつ男性も。今回はそんな男性と付き合った女性たちのエピソードを紹介します。〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

趣味は共有する!? 変わった趣味をもつ彼氏

こんにちは! OLライターのタケ子です♪ コロナ禍で自粛が続く今、最近の趣味は家で恋愛映画を楽しみつつ、男性とのデートテクニックを勉強する日々を送っています♡

みなさんは趣味ってありますか。運動や読書、グルメなど、その人の個性が出ていて魅力のひとつにもなる趣味ですが、なかには珍しい趣味をお持ちの方もいるようです。

今回は少し変わった趣味の男性とつき合った3人の女性のエピソードを紹介。自分が理解できない世界を趣味にするパートナーとどうつき合っていくのか、考えてみたいと思います。

彼氏を取られたくない! 月3回もスカイダイビング

(c)Shutterstock.com

彼とつき合って1年になるMさん。交際は順調だったが、彼の趣味である“スカイダイビング”が理解できなかったそうです。Mさんは高い所が苦手なうえ、何かあったらと心配になる性格。だから余計に受け入れられなかった。

彼はスカイダイビングが好きすぎて、月に3回は空を飛びに行くほどの人。しかもスカイダイビングは、どこでもできるわけではなく、遠征をしたり、ときには海外まで行ったり…。おかげで2人でのデートの回数がどんどん減っていったといいます。

彼のSNSには趣味仲間だと思われるグループ写真や、女性とのツーショットがたくさん投稿されていました。美人が多いなと思ったMさんは、同時に「彼を取られたらどうしよう…」という不安と焦りが出てきて、彼の趣味に同行することを決心。初めてのスカイダイビングを体験しました。

やってみた結果、2度とやりたくないと共感できなかったが、彼の仲間は良い人たちばかりで居心地は良かった。彼の趣味を全否定していたけれど、今まで感じたことのない充実感を感じたそう。彼女はこれをきっかけに、地上からの撮影を担当。カメラという趣味も見つけられました。

自分が受け入れられない趣味でも、一度経験してみる。食わず嫌いはいけないですね。今回のMさんのスカイダイビングチャレンジしてみて他の楽しみを見つけたように、思いきって行動することも必要かもしれないです。

食べ放題&バイキング大好き彼氏の彼女の宿命?

(c)Shutterstock.com

Rさんの彼氏は、同じ職場の男性でした。Rさんは彼の猛アプローチを受け、交際をスタート。学生の頃に相撲部だった彼は、体格も大きく、性格もおおらかで、いつも笑顔が絶えない人でした。

でもRさんは、「ひとつ気になることがあったの…」と意味深に語ります。

聞いてみると、彼は食べることが大好きで、デートは焼肉の食べ放題やスイーツのバイキングなど食事がメインだったそう。あまりにも彼が大食いだったことに戸惑いながら、つき合っていました。

数ヶ月後、彼女の体型が変わってきたのです。お腹や首回りにお肉が現れてきたようで、「太った?」という女友達からの声もあり、少しの間、彼と会うことをストップ。なんとその後、Rさんは彼とのお別れを決断したのでした。。

彼の好みについていけず、別れに至ってしまったケース。食の価値観ってそれほど大事なんですね。デートが原因で太ってしまうことは辛かったかもしれませんが、お家でご飯デートに切り替える、たまに一緒に運動するなど、彼女から提案もできたのではないかと思ってしまいました。

いつかはなれる? トップユーチューバー

(c)Shutterstock.com

学生時代からつき合っているKさんカップル。Kさんの彼氏の趣味は、動画編集。作ったものを誰かに観て欲しいという思いから、ゲームの実況チャンネルを開設しました。

ある日、彼から「カップルチャンネルの方がPV数上がりそうじゃない?」と言われ、Kさんも撮影に参加。やってみると意外にも撮影がデートの一貫のような感覚で楽しかったようで、今ではイイねやコメント欄への応援メーセージを励みに、毎週の動画投稿を頑張っているそうです。

「動画配信を一緒にやったおかげで彼との仲が深まりました♡」とKさん満点の笑顔をみて、タケ子の気持ちもほっこりしたわ。

彼の趣味に偏見をもたず、積極的に参加したことで、より一層仲が深まったケース。自分が無理しない範囲でできたこともよかったかもしれませんね。

* * *

いかがでしたか? 趣味は人それぞれで、中には少し変わったものを持っている方もいると思います。共感できるもの、そうでないものがあると思いますが、男性側としては一緒にやりたいという気持ちがあるようです。

その場合、自分ができることと、できないことの区別をしっかりつけることが大切。できるものなら気持ちよく、やってみる。できないものなら、彼を尊重しつつお互い丁度良い妥協点で折り合いをつけることが良い結果に繋がるかも!

彼氏のいない私だけど、将来のパートナーとの趣味を楽しみにしているわ♡

TOP画像/(c)Shutterstock.com

https://oggi.jp/6381801

Oggi.jp
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!