どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

嵐、12年間の恩返し!「ボーナス半減のフジテレビ」を救う「食堂タダ」!!

コロナの影響で苦境が続くテレビ局。最新の決算では各局ともに大幅な赤字を計上したが、なかでも厳しいと言われるのがフジテレビ。

「フジテレビは、社員の2020年冬のボーナスが昨年と比べ半分になってしまったそうです。各番組の制作費も大幅カットになっており、経営面は思わしくないようですが、先日、社員食堂が持ち帰り限定で無料になったといいますよ」(民放キー局関係者)

“お代なし”になった社員食堂とは、フジテレビのFCGビル18階にあるレストラン『DAIBA』。ちなみにテイクアウト限定で無料なのは、コロナ対策で密を回避するためだという。

「『DAIBA』は、『めちゃイケ』で三中元克さん(30)が厨房でアルバイトするなど、バラエティ番組でもたまに映り込んでいた社内食堂『ラ・ポルト』とは別で、価格帯も少々高め。毎日使うなら値段と気軽さから『ラ・ポルト』でしょうが、ちょっと良いものを食べたいときに利用するのが『DAIBA』といったところ。『DAIBA』は、フジテレビ夏のイベントで土日祝日限定で一般開放されることもあるので、もしかしたら『ラ・ポルト』より馴染みがある一般の方もいらっしゃるかもしれませんね」(制作会社関係者)

■無料化の理由は大型音楽特番

フジテレビに限らず、民放では社員食堂が無料になるときがある。

「日本テレビでも、週間で視聴率3冠王を獲得すると、社員食堂が無料になるご褒美が用意されています。

 ただ、先日、TBSが決算資料で公開している13歳~59歳までのファミリーコア視聴率で、フジテレビが全日で民放2位になるという報道がありましたが、今回の『DAIBA』の無料化の理由はこれではないようで、12月2日と9日に放送された音楽特番『2020 FNS歌謡祭』での高視聴率が要因だという話ですね」(前出の民放キー局関係者)

『2020 FNS歌謡祭』の2日放送の第1夜は18時30分から19時までの1部でいずれも平均で世帯9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、個人4.9%、19時以降の2部で世帯14.1%、個人8.6%を記録。

9日の第2夜でも1部で世帯8.5%、個人4.7%、2部が世帯11.0%、個人で8.6%という成績を残した。

■嵐は「司会とコラボ」で大活躍!

前出の民放キー局関係者は言う。

「全体で良い数字を残せていますが、その最大の功労者は、やはりでしょう。司会は相葉雅紀さん(37)が務めましたし、第1夜での世帯瞬間最高視聴率は、嵐と松任谷由実さん(66)のコラボで記録した16.7%です。嵐が『2020 FNS歌謡祭』を牽引したのは間違いなく、もし彼らがいなかったら、番組の好成績も社員食堂の無料化もなかったかもしれませんよね」

 今回のことは、嵐からのフジテレビへの恩返しなのかもしれない。

「2008年から12年にわたって続き、12月24日の4時間スペシャルで最終回を迎える『VS嵐』。加えて、2005年から2007年にやっていた『まごまご嵐』など、フジは国民的アイドルと言われる前から番組を持たせてくれていた局でもあります。

 その恩返しとばかりに、活動休止直前のタイミングで『2020 FNS歌謡祭』で高視聴率を残して、社員食堂をタダにしてくれるとは、なんとも孝行息子なグループですよね。ただ、『VS嵐』の最終回の数字は、もっと凄いことになりそうですね」(女性誌記者)

2021年1月3日には二宮和也(37)の冠番組『二宮ん家』、さらに相葉がMCを務める『VS嵐』の後継番組『VS魂』も放送スタート予定。

 嵐とフジテレビとの絆は、まだまだ続いていく。

https://taishu.jp/articles/-/91132?page=1

日刊大衆
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!