どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

気になる男性にクリスマスデートに誘ってほしいときのLINE5パターン

クリスマスは、できることなら好きな人と一緒に過ごしたいもの。では、意中の男性からデートに誘われたいときは、LINEをどのように活用するといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「気になる男性にクリスマスデートに誘ってほしいときのLINE」をご紹介します。

【1】「かわいいサンタさんがいたよ!」と街角の画像を送り、さりげなくクリスマスの話題に持っていく

「なんとなくクリスマスについて会話しつつ、『ところであなたは予定あるの?』みたいな感じで核心に迫っていきます」(20代女性)など、クリスマスの話題へと上手に引き込み、徐々に「当日の過ごし方」に触れていく作戦です。ここぞというタイミングで「私も予定ないよー」と返せば、「じゃあ一緒にどう?」という流れに持ち込めるかもしれません。

【2】「今年は一人で過ごすことになりそう。さみしいな」と話を振って様子を見る

「こっちが予定なしってことを伝えなければ始まらないので…」(20代女性)というように、あえて自分から「一緒に過ごす人がいない」と宣言してしまい、相手の出方を待つパターンです。すでに何回か二人で食事をした程度の仲であれば、「とりあえずご飯でも行く?」などとトントン拍子に話が進む可能性も高そうです。

【3】「クリスマス限定のイベントがあるんだけど」とURLを送り、連れて行ってもらいたそうなそぶりを見せる

「『イベントに行くのが目的』って形にすれば、クリスマスの日に会うことのハードルが下がりますよね」(10代女性)など、何らかの口実を掲げて、「それなら俺と行く?」と言わせてしまう手もあります。とはいえ、「誘われたがっている」ニュアンスはかなり色濃く出てしまうので、はぐらかされたときのダメージが大きいことは覚悟しておきましょう。

【4】「おすすめのイルミネーションとか知ってたら教えて?」と迫り、「一緒に行こう」を引き出す

「誘われたい!とはっきり言わずに駆け引きします(苦笑)」(20代女性)というように、真意を測りかねるようなトスを上げて、男性に揺さぶりをかけるケースです。相手に主導権を握らせて関係を進めたい場合には、好意を見せすぎずに、微妙なさじ加減で気を引いてリアクションを起こさせる必要がありそうです。

【5】「あなたもぼっちクリスマスなら付き合ってあげてもいいよ」と上から目線でデートに誘わせる

「強気で行ってもどうにかなりそうなら、こっちから押してしまいますね」(20代女性)など、向こうも好意を抱いてくれていることが明白なのであれば、直球で勝負するのが手っ取り早いかもしれません。「デートしてあげてもいいよ」という言い回しで背中を押せば、こちらが強引に誘ったのではなく、男性側からの提案だという体裁も保てるでしょう。

すでにいい雰囲気になっているのか、知り合って間もないのかなど、相手との距離感によって作戦を使い分けましょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock

https://girl.sugoren.com/report/1541401097276

オトメスゴレン
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!