どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

確定申告のやり方が知りたい!基本的な流れやポイントをご紹介

確定申告書と電卓

「はじめての確定申告でやり方がよくわからない!」という人や、「久々すぎて確定申告のやり方を忘れてしまった」という人もいるのではないでしょうか?

この記事では確定申告の基本的なやり方やポイントについて、わかりやすくご紹介します。確定申告のやり方に不安がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

確定申告のやり方とは?基本的な流れをチェック

ここで言う「確定申告」とは、毎年1月1日から12月31日までの期間に生じた所得(売上から経費を差し引いた金額)と、その所得に対する税金の額を計算して、納税する手続きのことを指します。

確定申告の期限は、原則として翌年の2月16日~3月15日の間です。(期日が土日・祝日と重なる場合は、休日明けの平日に繰り下がります)

基本的な確定申告の流れは、次の4ステップです。

  1. 確定申告書や必要な書類をそろえる
  2. 確定申告書などを作成する
  3. 書類を税務署に提出する
  4. 税金を納付する

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ステップ1.確定申告書や必要な書類をそろえる

まずは確定申告書や、そのほかに必要な書類を準備しましょう。確定申告書には「確定申告書A」と「確定申告書B」の2種類があります。

「確定申告書A」を使うのは、会社員、アルバイト、パートなどで給与所得を得ている人や、年金受給者などです。一方、「確定申告書B」は所得の種類にかかわらず誰でも利用できるため、どちらにすべきか迷った場合は「確定申告書B」を使っておけば間違いありません。

なお、確定申告書は国税庁のウェブサイトから簡単にダウンロードすることができます。

もし、ウェブサイトからのダウンロードが難しい場合は、税務署や市区町村役場の税務課、確定申告相談会場での入手、もしくは郵送で税務署から取り寄せることも可能です。

確定申告書の他には、下記のようなものが必要となります。

  1. 収支内訳書、もしくは青色申告決算書
  2. 帳簿
  3. 領収書、レシート
  4. 捺印用のはんこ
  5. 還付される税金の受取口座
  6. 医療費控除の明細書(※)
  7. 保険料の控除証明書(※)
  8. 寄付金受領証明書(※)
  9. マイナンバーカード、またはマイナンバーがわかる書類

(※)は控除を受ける場合のみ必要。

【ポイント】「青色申告」を行う場合は、原則として複式簿記により帳簿を記録しておく必要があるため手間がかかりますが、最大65万円の特別控除が受けられるため節税効果が高いです。
一方、「白色申告」の場合は特別な控除が受けられませんが、家計簿やおこづかい帳のような単式簿記の形式の帳簿で済みます。

必要な書類は申告内容に応じてかわるため、詳しくは国税庁の「確定申告書等の様式・手引き」をご確認ください。

▼国税庁「確定申告書等の様式・手引き」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/yoshiki.htm

ステップ2.確定申告書などを作成する

確定申告に必要な書類などが用意できたら、帳簿や書類を確認しながら提出書類を作成しましょう。

【ポイント】国税庁ウェブサイトの「確定申告書等作成コーナー」を利用して申告書を作成すると、パソコンやスマホの画面の案内に従って入力するだけで申告書の作成ができます。

税金なども自動で計算されるためとても便利です。これまで手書きで苦労していた人は、ぜひ試してみてください。

▼国税庁「確定申告書等作成コーナー」
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

ステップ3. 書類を税務署に提出する

確定申告の提出書類が完成したら、期限までに税務署に提出しましょう。

なお、確定申告書類の提出方法は下記の4通りです。

  1. 自分で税務署に持参する
  2. e-Tax(ウェブ上のシステム)を利用する
  3. 郵便または信書便で郵送する
  4. 税務署の時間外収集箱へ投函する

【ポイント】もし、確定申告の書類を提出した後で間違いに気づいた場合は、確定申告の期間内であれば訂正したものを改めて提出するだけでOK!
期間内の最後に提出された確定申告書が正式なものとして扱われるため、わざわざ「修正してください」と申し出る必要はありません。

ステップ4.税金を納付する

確定申告の書類を提出したら、忘れずに税金の納付まで行いましょう。納付するべき税金がある場合は、期限までに自分で納税する必要があります。

納税の方法は、下記の5つです。

  1. コンビニでQRコードを利用する
  2. e-Tax(ウェブ上のシステム)を利用する
  3. 預貯金口座からの自動振替を利用する
  4. クレジットカードを利用する
  5. 金融機関、または所轄税務署の窓口を利用する

まとめ

今回は、確定申告の基本的な流れやポイントをご紹介しました。

「確定申告ってめんどくさいなぁ・・・」と思うこともあるかもしれませんが、後回しにしてしまうと直前であせってしまうことも。

だからこそ、確定申告の準備はできるだけ早めにスタートしておくことをおすすめします。

GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!