どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

時短メイク!10分で仕上げるときの3つのポイント

時短メイクの場合、最も重視したいのは、肌作りです。10分でメイクを終わらせるなら、6~7分は肌作りにかけてしまってもいいでしょう。

トレンドのナチュラルメイクでは「ナチュラルに見せている」ということが需要なのであり、「メイクを薄く仕上げる」のではないということはご承知の通りです。

丁寧に肌を作りこみ、肌の凹凸がわからないよう下地をしっかりと塗り、かつハイライトやシャドウを使い、肌が立体的に見えるようにするのが最大のポイントです。

目の下のくま、ほうれい線などの影ができやすい部分はコンシーラーでカバーしましょう。

ファンデーションは厚塗りになりすぎないよう、特に注意します。

また極力ナチュラルに仕上げたい場合は、BBクリームやCCクリームとコンシーラーだけでも十分かもしれません。

べたつきが気になるようであれば、ごく薄くパウダーで仕上げましょう。

ちなみにBBクリームは20代、CCクリームは30代以上に人気があります。

暗めの空間に映えるアイシャドウのカラーはブルーやグリーン

丁寧な肌作りの後は、残りの時間で目や口などのポイントを押さえます。

CAは暗めの機内でも目元が美しく映るよう、ブルーやグリーンのアイシャドウを使うことが多いと言います。

肌に馴染みやすく、あらゆる世代で人気のブラウンよりも、アイシャドウにはブルーやグリーンを使ったほうが、ナチュラルメイクでもしっかりとした女性である印象を、相手に与えることができます。

涙でにじみやすいので最後にアイラインを引きますが、時間がないときはアイライナーは使わず、暗めのアイシャドウにしたほうが、失敗は少ないかもしれません。

アイライナーで目尻を跳ね上げれば、芯のある女性を演出することができますし、横に流せば、優しい雰囲気に仕上がります。

リップはツヤのあるものを上唇にちょんと透けるだけでOK!

マットなリップが人気ですが、時短メイクをするなら、肌に馴染みやすいピンクやベージュのリップを上唇に乗せるだけでもグッと雰囲気が良くなり、実は、このテクニックを男性芸能人も使っています。

光があたるたびに上唇だけがキラキラと輝くので、セクシーな雰囲気を醸し出せるのがポイントです。

とはいえ、「それじゃ物足りない!」と感じる場合は、マットなリップを使うのもいいですね。

マットなリップにピンクやベージュを重ねてしまうと、「やりすぎ感」が出てしまうので、要注意です。

GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!