どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

人妻をセフレにしたいあなたはこういうタイプを見逃すな!

セフレとはセックスフレンドの略ですが、男性なら年齢を問わず、セフレが欲しいと思っている方の割合は高いのではないでしょうか。

さて、セフレとして女性を選ぶ場合、一般的には独身女性から選ぶことになります。

しかし意外なことに、人妻をセフレとして選ぶのも一つの選択なのです。その理由を考察してみましょう。

人妻は欲求不満である

まず知っておきたいことは、多くの人妻は欲求不満であり、出会いを求めているということです。

現代日本の夫婦は、ほとんどセックスをしません。セックスの回数や頻度は諸外国中で最低という統計結果もあります。

人妻にも性欲はあります。しかし残念なことに、夫はしてくれない。仕方なくオナニーをする毎日……。

セックスレスには様々な原因が複合的にからんでいるので、とてもここでは論じきれませんが、現状はそうなっているのです。

落ちやすい人妻のタイプ

そこで人妻は考えます。

「わたしだって、20代はかなりモテたのに、今ときたら、夫はあまり相手にしてくれない。でもこのまま年取ってしまうのは嫌だわ。あちこちたるんできたけれど、あと1回ぐらい、女として咲いてみたい……」

そんなところへ、白馬に乗った王子様が現れたら、彼女はコロリとなびいてしまうのです(もちろん他者からは、白馬や王子様には見えません)。

このような思考におちいりやすい人妻は、次のようなタイプです。

  • 美人である
  • 外見に気を使う
  • 専業主婦である
  • 夫の出張が多い
  • 夫が単身赴任している
  • 夫婦仲が冷え切っている
  • 押しに弱い
  • 気は強くなく控えめである

意外なのは、セフレになりやすいのは、ギラギラした派手な人妻ではなく、外見が全く普通の主婦であることです。

美人が多い理由は、彼女たちはかつての栄光を取り戻したい欲求が平均より強いため、周囲から認めてもらいたい願望が強くなります。結果的に不倫してしまうのです。

私の経験

ここで私の経験をちょっとだけお話ししましょう。

私は今まで、3人の人妻をセフレにしてきました。もちろんお金はかかりません。

そのうち、3人目のセフレだった、30代後半のR子さんは忘れがたいです。

私はある夜、R子さんと食事の約束を取り付けました。

当日食事をしたあと、尋ねました。

「このあと、2人きりになれるところへ行ってもいいの?」

彼女は小さくうなずきました。

そしてラブホテルに行き、ベッドで彼女の下腹部を見たら、手術のあとがあります。聞けば、不妊手術のあとということでした。

そうです。彼女は子どもを産んだあと、絶対に妊娠しない女性になっていたのです。

何という幸運でしょう!

私はその後ずっと、いつでもナマ挿入、中出しという恩恵にあずかったのでした。

GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!