どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

代表的な性病の種類は?早期発見ですぐに治療!

検査で早期発見!代表的な性病にはどんな病気がある?

定期的な検査で感染を確認したい性病とは

性病(性感染症)は、不特定の人と性行為をすることで感染が広がりやすくなります。

風俗店のキャストや風俗を利用するお客さんは性病感染の心配もありますが、定期的な性病の検査を受ければ性病に悩むことはなくなります。

性病は20種類くらいが知られていて、定期検査では次の性病を調べることが多いです。

  • クラミジア
  • HIV
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 淋病
  • 梅毒

これらは10~20代の女の子が感染する可能性の高い病気なので、病気の名前と特徴を覚えておくといいですよ。

クラミジアとは

クラミジア感染症は、クラミジアという細菌が感染するために起こる性病です。

性器や咽頭(のど)に感染し、セックスのほかキスやフェラチオだけでのどに感染することもあります。

女性がクラミジアに感染すると、感染後1~3週間で子宮頸管に炎症が起こり、かゆみ、おりものの増加、下腹部痛が見られます。

ただ、感染しても無症状で気付かないことが多く、そのまま放置して悪化したりほかの人に移したりする可能性があるので、症状がなくても定期的に検査するのが安心です。

HIVとは

HIVは、性行為や注射針からHIVウイルスが感染することによって起こる性病です。

ワクチンや治療薬がなく、一度感染すると一生体内にウイルスが残ります。

放置すると、命に関わるAIDS(エイズ)に移行することがあります。

女性は母子感染で赤ちゃんにHIVを移してしまうので、特に注意したいですね。

HIVウイルスに感染すると、感染して1ヶ月以内に風邪のような症状が見られますが、その後は症状が消えてしまいます。

そして無症状の期間が数年から10年以上続いた後、免疫力の低下によってエイズを引き起こします。

HIVに感染しても、進行を抑える薬を服用すればエイズの発症を食い止めることが十分に可能です。

怖い病気というイメージもありますが、一人ひとりが定期的に検査をして早期発見を心がければ、しっかり予防できますよ。

トリコモナス

トリコモナス感染症は、女性の腟にトリコモナスという生物が感染して起こる性病です。

性体験のある女性に多い病気なのですが、タオルや下着からも移るので性体験の有無にかかわらず不潔にしていると感染しやすくなります。

強いかゆみ、泡だったようなおりもの、あそこの生ぐさい臭いが特徴です。

症状が出たらすぐに受診しましょう。

カンジダ

カンジダは腟にカンジダ菌という真菌が増殖して起こる性病です。

カンジダ菌は腟に常在している菌ですが、免疫力が低下したときに増えて腟に炎症を起こします。

発症すると、かゆみ、酒かすのようなポロポロしたおりものが見られます。

性行為に関係なく発症する病気ですが、男性に移すことがあるので、カンジダが疑われるときは性行為をしないなどの注意も必要です。

淋病

淋病(りんびょう)は、淋菌という細菌に感染することで起こる性病です。

女性は感染しても自覚症状がないことも多く、男性が尿道炎を起こすことで知られます。

ただ、女性もセックスで感染して子宮頸管炎を起こしたり、キスやオーラルセックスからのどに感染したりするので注意が必要です。

梅毒

梅毒(ばいどく)は、梅毒トレポネーマという細菌に感染することで起こる性病です。

主に性行為が原因で皮膚の傷口に菌が感染することで発症します。

早期の梅毒では外陰部のしこり、全身の赤い発疹などの症状が見られます。

昔は進行した梅毒によって命を落とす人もいましたが、現在は早期治療によってちゃんと治すことができます。

GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!