どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

カンジダについて詳しく解説

「性病のカンジダ症になってしまったら治療しよう」

風俗のお仕事をしているときに、いつでもコンディションがいいときばかりではありません。時には出勤すると決めていて、少し体調が悪いときにも頑張って働いてしまう方もいるのではないでしょうか。

免疫力が低下しているときは、性病のカンジダ症になってしまいやすくなってしまいます。こちらではカンジダ症についてや対処法について説明していきます。

感染しやすい箇所は?

カンジダ症になるときに感染しやすいのは、粘膜になります。特に口の中、食道粘膜、陰部の粘膜などです。そのため男性と性的な行為をしたときに特に粘膜が接触しますので、このときにカンジダ症となりやすいです。

後は衛生状態の悪いところでは、感染しやすいと言われています。しっかりとお互いシャワーなどを浴びて清潔な状態であればいいのですが、なりゆきでそのまま清潔さに欠けた状態で行ってしまうと感染してしまいやすいです。

どんなときに発症する?

中にはHIVやエイズにかかっている場合に、カンジダ症になっているケースもありますが、その場合は全体的には少ないです。腟カンジダ症の場合、ほとんどが免疫力が落ちてしまったときが多いです。

たとえば風邪気味のときに頑張ってしまったときや寝不足で本調子ではないときも普段よりもかかりやすくなります。元気なときであれば移らなくても、免疫が落ちているときには同じ行為をして移りやすくなってしまうのです。

ほかにも風俗店で働いて腟内の過剰な洗浄をしてしまった場合やナプキンの長い時間の使用、下着の締め付けなども原因になっていることもあります。思い当たることがあって違和感が感じられたら、病院に行って検査をしましょう。

どんな症状が出る?

腟のカンジダ症になってしまったときは、白や黄色のチーズ上のおりものが出てきます。

クラミジアなどはあまり症状がないのでわかりにくいのですが、カンジダ症になったときにはその症状がわかりやすく現れます。

いつもおりものシートやパンツを見ていれば、早めに気が付くでしょう。このほかにヒリヒリする痛みやかゆみ、赤みも出てきます。明らかに症状が出てきてしまったときにはそのままにせず、症状を伝えて病院で診てもらいましょう。

治療は何をする?

安静にし、抗真菌薬クリームを塗るように指導されます。1日に2回1週間から10日塗れば、ほぼ治っていきますので大丈夫です。その方の症状によって変わりますが、しっかりと薬を塗っていけば治る病気ですので、まずは病院に行って相談をしましょう。

GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!