どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

高橋大輔ペア 鮮烈デビューでいきなり2位発進 アイスダンスの常識を変えるか?

 新時代のカップル誕生だ。フィギュアスケートのNHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)のアイスダンスで、今年から同種目に挑戦中の高橋大輔(34=関大KFSC)が、平昌五輪代表・村元哉中(かな=27、同)と組んで公式戦デビュー。大会初日(27日)のリズムダンスで64・15点をマークし、3組中2位発進した。圧倒的な経験不足を感じさせない上々の船出となり、“大ちゃん”がアイスダンスの既成概念を崩す可能性も出てきた。いったい、どういうことか。

 仲良く手をつないで氷上に現れた新カップル。演技前から大きな注目を集めた2人の姿は、テレビで生中継されたが、アイスダンスでは異例の出来事だった。

 1番滑走の2人は銀盤に対峙し「落ち着いて」「楽しもう」と声を掛け合った。高橋は1990年代のコメディー映画「マスク」をモチーフにした白シャツにネクタイ、黄色のパンツの衣装に身を包み、ステップやターン、ツイズルなどをそつなくこなした。シングル時代にはないコミカルな動き、多彩な表情を見せて新たな世界観を創造した。

 演技後に「少し取りこぼしがあったけど上出来」と満足した高橋に対し、村元は「100点です」と最高の評価。この初演技を専門家はどう見るか。アイスダンスで全日本選手権4連覇(2003~06年)の実績があり、トリノ五輪代表の渡辺心氏(49)は出場3組の映像をチェックした上で「短期間でここまで揃えたのは本当にすごい。今の時点でこれ以上の演技はできないくらい上出来だと思います」と絶賛。シングルで世界の頂点を取った高橋については「足首が柔らかく、やっぱりスケートがうまい。さすがだと思います」と舌を巻いた。

 細かい点としては「対面で組んだ時のポジションがまだ定まっていない」「一緒に滑っている一体感がまだない」と課題を挙げるが、それを凌駕する将来性があると渡辺氏は指摘する。ズバリ、高橋のタレント性だ。

「アイスダンスって基本的に女性が主役です。男性は引き立て役で、女性をきれいで魅力的に見せるんです。最近では男女ともに主役を張るカップルもいますが、高橋選手のような存在感はあまりないケースですね」

 まさにアイスダンス界の常識破り。ダブル主演…いや、男性のほうが目立つという新時代のカップルになる可能性があるのだ。

 ちなみに、アイスダンスの男女の身長差は10センチくらいが相場。身長165センチの高橋は村元より3センチ高い程度というのはデメリットだが、渡辺氏は「体形が恵まれていないからこそ、他の組にはない強みを出す必要がある」と分析。このような不利を打ち破れば、それこそ既成概念を覆すことになる。

 試合後、高橋は「2人でいい化学反応を起こせれば」とニヤリ。新カップルがアイスダンスに新風を吹き込む。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/figure-skating/2454624/

東スポweb
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!