どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

『ミヤネ屋』コロナ対応の看護師が語った「最もつらいこと」が想像を絶する

27日放送の『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)では、介護が必要な高齢の新型コロナウイルス患者が入院している病院内の様子を、VTRで紹介。実際に、新型コロナウイルス患者の対応にあたっている看護師の生の声も報じられ、壮絶な実態がインターネット上にも衝撃を与えた。

■ウイルスとの戦い+介護の壮絶さ

新型コロナウイルス患者を受け入れている、千葉大学病院の感染症内科の医師が、同番組の取材に応じた。

医師によれば「高齢者の患者が増え、認知機能に問題があったり、身の回りの世話に全て人手がかかる患者も発生している」状況で、現場で対応にあたる看護師たちは「肉体的な疲弊度もあってギリギリの状態」だという。

関連記事:高須院長、自身の病院では「昨年なみにボーナス出す」 ネットでは称賛の声javascript:false

■看護師「私もいつまで持つか…」

続けて、大阪府内の病院で新型コロナウイルス患者の対応にあたっているという看護師は、「ご高齢だと介護の面が出てくるので、1つ1つの日常の介助に全部防護服を着て対応しなければならない」と語る。

しかし「トイレに行きたいという患者さんに対して、すぐ私たちが防護服を着て対応することができない」という場面も少なくないそうで、「本当に危険性をはらんだような状態で対応しています」「私自身もいつまでもつのか分からない」と、壮絶な実情を明かした。

■新型コロナ患者の最期は「本当につらい」

番組の取材に応じた看護師は、新型コロナウイルス患者の最期を看取ることもあるそう。

「お顔も綺麗にできない、服も、着た服のまんま。遺体を入れる袋に、みんなでよいしょって入れるんですよ。その作業が本当につらい、つらすぎます…」と、新型コロナウイルス患者のあまりにも悲しい最期について明かす。

そのうえで「コロナは風邪と同じだからとか、インフルでも結局人って死んでるんでしょとか…コロナを軽視するような発言をなくしてほしいと思う」と訴えた。

関連記事:新型コロナ重症化の男性患者8割に「薄毛」傾向か 米大学教授が発表javascript:false

■ネット上にも衝撃広がる

医療現場からの生の声に、インターネット上では「重度認知症のコロナ患者とかマジで悪夢だと思う」「もはや看護師、介護の2足のわらじ履くようなもん」と、新型コロナ対応+介護の壮絶さに衝撃を受けたというユーザーからの声が多数。

中には「親戚の看護師なんて、給与より休みが欲しいって言ってた」「個人や病院の頑張りに頼るのはもう限界だと思う」といった声も。

その一方で、人の動きを制限することにより、経済面で深刻な打撃を受けてしまう人々もいることから、スタジオでは「正解が見えないのが本当につらい」との声もあがった。

・合わせて読みたい→死亡直前の患者が執念の動画配信 看護師らの暴言に怒りの声が噴出

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

https://sirabee.com/2020/11/27/20162458640/

ニュースサイトしらべぇ
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!