どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

未成年が整形するときの注意点は?コンプレックスをチャームポイントにしよう

未成年が整形するときにはまずは親の同意を得ることから始めよう

未成年が整形するときの注意点

現在、中高生の10代女子の整形実践者が増えています。

コンプレックスを解消して自分に自信を持ちたいという女の子も多く、実際に10代のうちの整形したという方も少なくありません。

未成年でも整形することは可能です。

しかし、未成年が整形するときには、必ず親の同意が必要です。

メスを使わずに二重まぶたを手に入れることができる埋没法やフェイスラインをスッキリとさせるヒアルロン酸注入などの手軽なプチ整形であっても、やはり未成年の場合は親権者の方の同意が必要となるので注意しましょう。

クリニック側が用意した同意書に親権者が必要事項を記入し捺印すれば未成年であっても整形手術を受けることはできます。

また、クリニックによっては、未成年の方が整形手術を受けるときには、カウンセリング当日に親権者の同伴を求めるところもあります。

プチ整形といっても手術方法や施術方法によっては、身体に大きな負担をかけることやダウンタイムが長く続き痛みを感じてしまうこともあるため、事前にメリットだけでなくリスクにも親子で一緒に目を向けておくと安心です。

学生でもローンを組んでプチ整形を受けられる

お金がないから整形することを諦めているという学生さんも多いのではないでしょうか。

しかし、未成年の学生さんでもローンを組んで整形手術を受けることができるんです。

18歳未満の学生さんは、保護者の名義にてローンを組んでいきますが、高校を卒業した18歳以上の方であれば保護者に保証人になってもらい自身でローンを組むことができます。

お金がなくて整形することができなかったという方も未成年のためのローンサービスを用意しているクリ二ックを選ぶと諦めずに整形手術を受けてコンプレックスを解消することができるでしょう。

未成年にもおすすめのプチ整形の料金相場

未成年でも安心して試せるプチ整形が増えています。

まぶたを切ることなく二重まぶたになれる埋没法は、2万円前後のリーズナブルな料金で手術を受けることが可能です。

また、小顔や顔痩せにも最適なボトックス注射は、両側のエラをケアしても8,000円前後の料金となっており、気軽に試せます。

美容整形の中には、高額な料金がかかってしまうものもありますが、手軽なプチ整形であれば身体への負担が少ないだけでなく料金が安価なのもメリットです。

1年間の保証期間を設けているクリニックもあるので、まずは未成年にも最適な負担を軽減したプチ整形からチャレンジしてみましょう。

GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!