どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

整形に必要な手続きと施術期間について詳しく解説

整形をするときってどんな手続きするの?
期間はどのくらいで施術できる?

このような疑問を持っている人は多いことでしょう。整形手術は医療行為にあたりますので、しっかりとした手続きを踏む必要があります。手続きが終わればいよいよ施術ですが、整形の幅によっては長い期間かけられることも。

今回は、手続きに必要なことと施術期間について詳しく解説していきます。3分ほどで読み終わりますので、整形をしたいと思っている方はぜひ最後までお読みください。

気になる整形の手続き

初めての整形やプチ整形を行う場合、どのような流れで行ってすぐに行ってできるのかなど気になりますよね。手続きをする際に特に10代の方は、手続きで必要な書類も成人とは変わります。こちらではどんな手続きをして、期間はどのくらいで施術を行ってくれるのかなど詳しく紹介していきます。

手続きでは本人確認書類が必要

美容整形の場合はほとんど保険証が適用にならないので必ず必要なものではないのですが、本人確認をしっかりと取るので公的身分証明書が必要になります。

身分証がなければ当日のうちにできる施術も、また次回持参した時となってしまうので忘れずに持っていきましょう。

そして、10代の方でアイプチなどプチ整形を検討している方もいるかもしれませんが、20歳未満の方は親権者の承諾が必要です。15歳以下の方の場合は親権者同伴と親権者の同意書が必要で、16歳以上20歳未満の場合一緒に親御さんが来る必要はないのですが、同意書は一緒になります。

こちらも同意書がなければ、施術をしてもらえないので注意をしましょう。

手続きの流れ

連絡をせずに行ってしまうと、予約のお客さんで埋まっていて後日対応になってしまう可能性がありますので、まずは電話やWebで予約を行います。そして、指定された日にそれぞれ対象の必要な書類を持っていって、受付をし問診票を記入します。

クリニックの中には時間短縮できるように用紙をWebサイトからコピーして自宅で記入できるシステムを取り入れているところもあり、こちらを利用すれば当日記入する手間が省けて便利です。記入では安全に治療を行うためにも嘘や偽りのないように、正直に答えていきましょう。

そのあと、整形したい箇所について詳しい説明がありますので、話を聞きながらカウンセリングを受けます。

どのくらいの期間で施術できる?

その日の込み具合にもより、施術できる先生が予約で埋まってしまっている場合は後日新たな日程を決めてとなってしまいます。説明を聞いて少し考えたいときには、自分の気持ちが固まったタイミングで電話をし、施術する日を決められます。

プチ整形の場合は大がかりな整形に比べて施術は簡単に終わりますので、当日施術できるケースが多い傾向です。

二重にしたいと糸で縫うだけの場合などは、切開をする整形よりもすぐに終わります。その際はカウンセリングのときに申し込みの手続きをして、料金の支払いへと移ります。そして施術室に通されて、自分が希望していた箇所のプチ整形などを行い終了です。

まとめ

整形に必要な手続きと施術機関について解説しました。

  • 公的証明書が必要
  • 未成年は同意書が必要
  • クリニックに行くときは事前予約をする
  • 整形箇所や施術方法で期間は異なる

施術が終わるまでは、最低でも1~2週間ほどはかかるとみて良いでしょう。整形をしようと思っている人は、先読みして予定を立てればスムーズにできますよ。

こちらの記事もチェック♡

GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!