どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

大阪風俗嬢の、テレフォンセックスしてみた!

薄暗いベッドで通話をする裸の女性

こんにちは、大阪の風俗で働く23歳、サキです。先日お店へやって来たお客さんから「テレフォンセックスしてみない?」とお誘いをもらって、初体験。

肌と肌を重ねるエッチはもちろん最高だけど、いつもと違う刺激をもらえるテレフォンセックスもなかなかだったので、今回そのやり方をまとめたいと思います。

テレフォンセックスの文化と特徴

古くからあるエッチの文化、電話を使ったセックスですが、かつては電話のみだったのが今じゃスマホ社会となって、画像や映像を一緒に流して行なうケースも増えているようです。

テレフォンセックスの特徴は、「聴覚が敏感になる」こと。普段のエッチは全身で快感を得るものですが、テレフォンセックスの場合は「音」のみ。そう聞くと難易度が高く感じるかもしれませんが、だからこそ、神経を研ぎ澄ましてさらなる快感に浸れるんです。

テレフォンセックスのやり方

遠距離恋愛中の彼氏と…、禁断の恋の相手と…、あるいは、ひとりエッチの妄想として。まずは相手に、いまの自分の姿を浮かべてもらいましょう。

「いまね、ノーブラなんだ」

「きょうは赤のパンツだよ」

と、少しずつムードを高めていきます。相手には見えないので、自分で伝えることが大切です。

「乳首がかたくなってきちゃった。自分でつまんでるの」

「クリトリス触ってるよ。もう濡れちゃってるよ」

など、普段のエッチでは決して言わないいやらしいセリフが、さらに興奮度を高めます。見えないからこそ、いつもより大袈裟に伝えるのが興奮を高めるカギ。喘ぎ声はもちろん、クチュクチュと濡れた音も、いつも以上に大きく共有することで心がひとつになります。

それは、イクときも同じ。

「もう我慢できない」

「イッちゃう」

「いっぱい出して」

…こんなセリフも、相手の男性を興奮に引き込んでくれます。

テレフォンセックス上級者の方には、SMプレイがおススメです。直接だったらちょっと怖いかもしれないけど、声だけで命令したり攻められたりする快感は想像以上。さらにロリ・ショタプレイもテレフォンセックスの醍醐味。幼い少女、幼い少年、さらには赤ちゃんになりきってのエッチです。

「おにいちゃんの、おっきくてキモチイイ」

なんて、現実では一発アウトなプレイも大胆に楽しめますよ。

まとめ

テレフォンセックスの鍵は、想像力。頭の奥に眠っているエッチな妄想を、ひとりエッチだけじゃなく誰かと声で共有できる最高のエッチ方法です。

「セックスは耳でするものだ」と、昔ある人が言ったとか言わないとか。マンネリ気味の人にも、エッチの冒険を楽しみたい人にもおススメのテレフォンセックス。

知らない人と声だけのアバンチュールを楽しむのも、アリ!かも?

GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!