どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

大阪風俗嬢がレクチャー!草食男子の攻め方

男性の乳首を攻める女性

 こんにちは!大阪の風俗で働くミカです。毎日ウチの風俗にはたくさんの男性が快楽を求めてご来店くださいますが、みんながみんな性欲爆発!というわけではありません。仕事やお友達とのお付き合いで、しぶしぶ連れてこられる殿方もたくさんいらっしゃいます。

わたしとしては楽しくおしゃべりするだけでも充分いいんですが、お金をいただく限りはご満足してもらわなくちゃなりません。「連れてこられたんだ」というお客様の中には、性に対して奥手…つまり草食男子の方も結構います。ハズかしい。だから私たちのような経験豊富な風俗嬢にセックスをリードしてもらいたい、っていうのが本音の人も。

今回は、草食男子といい感じになったとき、どう彼のエッチスイッチを押せばいいのか、その方法をご紹介します!

恥ずかしいけどセックスしたい!

 セックスに興味ゼロ感を匂わせてくる草食男子、でも本当はセックスしたい!これは間違いないでしょう。

でも、誘い方がわからない。恥ずかしい。自信がない。そして、優しすぎて女の子のことが気になっちゃう。そんなタイプの人がほとんどだと思います。そういう草食系の人に女性側からガツガツ行くのは、非常にためらいがありますよね。

そんな草食系男子にはズバリ、愛情たっぷりセックスをしてあげましょう!

草食系男子は女性側がリードする

私が何人もの草食系男子とセックスをしてきた中で共通点だと思っているのはズバリ、「前戯が長い」!前戯だけで時間切れになっちゃう人、前戯だけでくたくたになって終わっちゃう人、たくさん見てきました。

彼らは本当に優しいから、まず女の子に気持ちよくなってもらいたい。だから、挿入前に頑張りすぎちゃうんです。可愛いですよね~。

でも、1時間も2時間もひたすらクンニされたって、女性側も感度だださがりです。あえぐのだって疲れちゃう。だからそんな時には「ありがとう。わたしも気持ちよくさせたいな」といって、さっさとバトンタッチしちゃいましょう!

優しさの塊のような男性を相手にする場合、心がけたいのは「声掛け」です。

「キモチイイ?」

「ここはどう?」

「すごいね」

「あったかい」

何でもいいんです。セックスを「エッチなもの」ではなく、肌と肌の「コミュニケーション」であることをアピールするんです。エッチの最中に髪の毛を撫でてあげながら「すっごい気持ちいいよ」と言うだけで、きっと彼はもう満足でしょう。

 まとめると、草食男子はエッチが嫌いなわけじゃなく、女の子が大切すぎてエッチを始めるのに色々考えちゃって奥手になっているのがほとんど。だからその優しさを受け止めつつ、愛情たっぷりなセックスを一緒に楽しんでみるのが第一歩です!

GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!