風俗で働きたい女性のために「風俗事情のリアル」を発信するメディア「GirlsBox」

妊娠した女性が風俗勤務!?キーワードは「妊婦」と「母乳」

女性は妊娠したら、仕事を休まなくてはなりません。父親がパートナーとして稼いでくれるならともかく、貯金のないシングルマザーなどは、お金の面で不安が生まれますよね。

働きたいけれども働く場所すらない、そんな女性も多いのではないでしょうか。しかし世の中には、妊娠した女性だからこそ稼げる風俗も存在しています!

その名も「妊婦・母乳風俗」

今回は風俗の中でもマイナーですが、妊婦が稼げる「妊婦・母乳風俗」についてご紹介していきます。

出産まで「妊婦風俗嬢」

妊婦・母乳風俗はマイナーな存在ですが、一定以上の需要があるからこそ成り立っています。

もちろん妊娠中の身体で性的サービスをするので「大丈夫?」と心配になる女性もいることでしょう。とくに妊娠初期は、つわりなどもあるため、風俗で働くどころではない妊婦も多いはず。しかし、妊娠5ヶ月から7ヶ月の妊娠中期の「安定期」はならばどうでしょう?

お腹は大きくなりますが、身体自体は元気な妊婦が増えます。そして妊婦風俗では、安定期に入った妊婦が働いているのです。

出産後は「母乳風俗嬢」

出産後はさすがに妊婦風俗で働けませんが、代わりに母乳風俗で働く選択肢も。こちらは、コンセプトデリヘルとして営業しています。母乳好きな男性が利用する風俗だけに、母乳を飲ませたり、ローション代わりといったプレイが含まれるデリヘルです。

妊婦・母乳風俗はマニアックな上に働ける期間が限られています。だからこそ、妊婦・母乳風俗嬢は貴重な存在として、一般的な風俗よりも高収入が得られるというわけです。

母体を一番に考えて妊婦・母乳風俗で働こう

妊婦風俗の場合、お客からも過剰な要求をされることは少ないと言われています。

お客も妊婦に対して理解があり、ハードな接客はしなくて済むのです。しかし全員が全員、理解あるお客なわけではありません。

無理な要求をされたら「無理です」と断れて、嬢を守ってくれるようなお店で働きましょう。

まとめ


妊婦・母乳風俗で働くときは、「母体が一番大事」と心得てお店選びをしましょう。決して無理をしなくて済む環境で働くようにしてくださいね。

こちらの記事もチェック♡

オープニングキャスト募集
時給5000円 acmeモデル募集
GIRLS BOX編集部
GIRLS BOX編集部
風俗歴5年の女性風俗ライターが執筆。「風俗で働きたい…でも不安がある」という女性のために、リアルな風俗事情や不安を抱える女性のお役に立てる情報を発信しております!「GrilsBox」をよろしくお願いいたします!