どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

注意!女性が風俗で働くときにスカウトマンを介さない方が良い理由

東京でも大阪でも、繁華街を歩くと美人に声を掛けるスカウトマンを大量に見掛けることがありますね。

客引きやスカウトは「迷惑行為」として、条例で規制している自治体がほとんどなのですが、それでもスカウトマンが繁華街から消える気配はありません。

その理由は、スカウトにはちょっとやそっとの条例違反では止める理由にならないほどの旨味があるからです。

そしてこういったスカウトマンは、風俗で働く女の子にとってあまり関わらない方が良い存在と言えます。

それはなぜなのか、今回はその理由を紹介します。

スカウトマンは女性の利益ではなく「自分の利益」しか考えていない

スカウトマンが女性に風俗を紹介する際に良く使うのが「君が一番稼げる店を紹介する」との言葉ですが、これを真に受けてはいけません。

スカウトマンが女の子を風俗店に紹介すると、その女の子が稼いだお金の10%前後が「スカウトバック」としてスカウトマンに支払われます。

つまりスカウトマンの言う「君が一番稼げる店」とは「スカウトマンが一番稼げる店」という意味なのです。

多くのスカウトマンにとって、女性は性欲処理の相手か単なる金づるでしかないのです。

中には「嫌がる女の子を洗脳してソープランドで働かせるためのセミナー」などというものが開催されている、とも言います。

さらにスカウト会社に所属していない、フリーのスカウトマンの中には、女の子を平気で悪徳風俗店に紹介したり、給料をピンハネしたりする人間もいるのです。

風俗で働きたい女性は自分でお店を調べて入店を決めるべし!

そもそも禁止されているスカウトを平気でしている時点で、スカウトマンの人間性を疑うべきでしょう。

また時にはスカウトマンは、風俗に送り込む女の子をセックスで「色管理」することもあります。

自分に惚れさせることで言うことを聞かせ、風俗を辞めさせないようにするのですが、もちろんスカウトマンはその女の子を恋人と考えているはずもありません。

惚れた女性を風俗で働かせたいと思う人間はいませんよね?

そしてもし女の子とお店、お客との間でトラブルが起こったとしても、スカウトマンは何もしてくれません。

このように風俗で働く女の子が、スカウトマンを仲介するメリットは一つもなく、デメリットしかないのです。

自分の身は、自分で守るのがいちばん

現在は自分で、いくらでも風俗店について調べることができます。

働きやすく、女の子のことをちゃんと考えて営業している風俗店もたくさんあります。

もし風俗店で働きたいと思ったら、そういったお店を自分で調べ、自分で入店を決めるのが一番安全だ、ということを覚えていてくださいね。

GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!