どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

パパ活で相手にLINEを教えるリスク|対策方法とともに紹介

「パパ活相手に、LINEを交換しようと言われた。でも、本当に教えてしまって大丈夫なのかな…?」

LINEは便利な連絡ツールですが、パパ活で使うとなると、リスクが存在します。

LINE交換によるリスクを回避するためには、対策を実施しておくことが大切です。

本記事では、パパ活で相手にLINEを教えるリスクと、リスク回避のための対策について解説します。

パパ活でLINEを交換する前に、ぜひご一読ください。

パパ活で相手にLINEを教えるリスク

パパ活で相手にLINEを教えると、以下のようなリスクがあります。

  • 相手が業者の可能性がある
  • パパ活をしていることが周囲にバレる

それぞれのリスクとその対策について、詳しく解説していきます。

相手が業者の可能性がある

パパ活アプリやSNSを利用する男性の中には、業者も紛れています。

業者の目的は、女の子のLINE IDを回収したうえで、広告や勧誘のメッセージを送りつけることです。

もしくは他の業者に女の子のLINE IDを売ることで、お金儲けをしています。

対策

まずパパ活でLINE交換をするのは、アプリやSNSを通じて十分に仲良くなってからにしましょう。

そもそもLINEを交換せずとも、やり取りはできます。

何度かやり取りをして、信頼できると判断した人のみとLINEを交換すべきです。

もしLINEを教えた相手が業者で、不審なメッセージが届くようなら、すぐにブロックしましょう。

また相手に教えたIDやQRコードも、早めに変更しておくべきです。

パパ活をしていることが周囲にバレる

パパ活相手にLINEを教えたことで、パパ活が身の回りの人にバレるケースもあります。

具体的には、パパ活相手からのメッセージ通知がきて、それを近くにいた人に見られてしまうパターン。

「今のメッセージ、誰?」と疑われたら、咄嗟に言い訳をするのは難しいですよね。

またパパ活相手が自分のタイムラインにある投稿にコメントし、パパの存在がバレてしまうパターンもあります。

タイムラインの投稿はLINE上の友達全てに見られてしまうため、知らない男の人のコメントがいくつもあると、疑惑の目を向けられる可能性が高いです。

対策

LINEでパパ活のやり取りをする場合、スマホのプッシュ通知は切っておきましょう。

特定の相手だけ通知を消す設定もあるので、早めの対策が必須です。

タイムラインにある投稿については、パパを友達追加する前に全て削除しておきます。

タイムラインの投稿を消しておけば、他の友達が男の影を察する心配がありません。

まとめ

パパ活でLINEを交換すると、相手が業者の可能性があったり、パパの存在が周囲にバレたりするリスクがあります。

しかし対策を実施しておけば、リスクは軽減できます。

パパ活でLINEを交換する際は、本記事で紹介した対策を実施しておきましょう。

https://papakatsu.blog/2020/10/02/contact-exchange/

パパ活ブログ
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!