どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

パパ活の募集で顔出しはすべき?メリット・デメリットを紹介

「パパ活相手を募集したいけど、顔出しするかどうか迷う…。」そんな女性も少なくないはずです。

結論から言うと、顔出しするのと、顔出ししないのにどちらが良いかに正解はありません。

パパ活においては、顔出しで稼いでいる人と顔出しなしで稼いでいる人、両方が存在するからです。

本記事では、パパ活の募集で顔出しをするメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

パパ活で顔出しをするかどうか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

パパ活の募集で顔出しをするメリット

パパ活における顔出しには、主に以下2つのメリットがあります。

連絡がたくさん届く

パパ活において、顔出し有・無では届く連絡の数に雲泥の差が出ます。

事前に女の子の顔が分からないと、男性側は不安が大きいからです。

相手の女の子の顔が分かって初めて、男性は安心して連絡できます。

たくさんの連絡をもらい、より条件の良いパパを選別したい場合は、顔出しで募集をすべきです。

会ってからガッカリされない

男性の好みは人それぞれです。

実際に女の子に会ってから、ガッカリする男性もいます。テンションが下がっている男性とデートをするのは、こちらとしても嫌ですよね。

しかし事前に相手に顔を見せておけば、会ってからガッカリされる心配はありません。

会ってすぐさま「やっぱりやめとく」なんて言われることもないでしょう。

相手にガッカリされるのが嫌なら、事前に顔を見せておいた方が安心です。

パパ活の募集で顔出しをするデメリット

パパ活における顔出しには、デメリットもあります。具体的には、主に以下の2つがデメリットです。

身バレにつながる

パパ活で顔出しをすると、知り合いにバレてしまうリスクが高まります。

同じくアプリやSNSを使っている知り合いがたまたま自分の写真を見てしまったら、すぐに気付かれてしまうでしょう。

顔出しで身バレしないためには、顔の一部をスタンプで隠したり、強めの加工をかけたりして、一見自分だと分からないようにするのが有効です。

とは言え完全な身バレ対策は難しいので、顔出しには身バレリスクがあることを承知しておきましょう。

写真が無断使用される可能性がある

アプリやTwitterに顔写真を投稿していると、それを悪用しようとする人が一定数存在します。

具体的には、悪質な業者が男性客を集めるために女の子の写真を勝手に使います。

無断使用を避けるためには、写真に自分のユーザー名やIDを書いておくのが有効です。

ユーザー名やIDが書いてあれば、業者が勝手に写真を使いにくくなります。

スマホに入っている写真をそのまま投稿するのではなく、事前に対策を実施しておきましょう。

まとめ

パパ活において、顔出しをするとスムーズな募集ができます。

しかし一方で、顔出しによるリスクがあるのも事実です。

顔出しによるメリット・デメリットの両方をふまえたうえで、どのようにパパを募集するかを決めましょう。

https://papakatsu.blog/2020/09/08/papakatu/

パパ活ブログ
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!