どこよりも早く最新情報を発信!イマドキ女子の「知りたい」をすべて叶えます。

Twitterでパパ活相手を見つける手順|注意点とともに解説(パート2)

パート1では、Twitterでパパ活相手を見つける際のファーストステップ「①アカウントを作成する」につにて解説しました。

パート2では、「②募集ツイートを作成する」以降を解説していきます。

Twitterでパパ活相手を見つける手順

Twitterを利用してパパ活のを見つけるには、募集ツイートを作成する必要があります。

ここからは、募集ツイートの作成について詳しくお伝えしていきます。

②募集ツイートを作成する

アカウントを作成しても、何らかの発信をしなくてはパパが集まりません。

まずは募集ツイートを作成して、条件の合いそうな相手を集めましょう。

なお募集ツイートには、以下のような内容を盛り込む必要があります。

内容と金額

一緒に何をして、対価で何円受け取りたいかを明確にします。

「1時間で◯円」という書き方をすると、交渉がスムーズに進みやすいです。

肉体関係の有・無

「内容と金額」に書いていなくても、体の関係を前提に交渉してくる男性もいます。

もし体の関係を望まない場合は、「本番行為(性行為)は一切しません」と明確に記載しておきましょう。

相手への希望

男性に対して年齢や容姿の制限を設けたい場合は、記載しておきましょう。

例えば「年齢は30代まで・清潔感のある方のみ」などです。

活動範囲

自分と相手の居住地があまりに遠いと、会う際の負担が大きいです。

どのくらいの範囲なら出向けるのかを記載しておきましょう。

ハッシュタグ

ハッシュタグとは、「#」を付けたタグのことです。

ハッシュタグが付いたツイートは、まとめて検索できます。

例えば「#パパ活」で検索すると、「#パパ活」を含むツイートが一覧表示されます。

ハッシュタグ機能を使えば、フォロワーが少ない段階でも、ツイートへの反応率が増えやすいです。

募集ツイートには、以下のようなハッシュタグを付けましょう。

  • 「#P活」
  • 「#サポ」
  • 「#パパ募集」
  • 「#裏垢女子」

③DMでやり取りをし、条件が合いそうな相手に決める

募集ツイートを投稿すると、パパ活相手になりたい男性からDMが届き始めます。

届いたDMの中から条件が合いそうな人を見つけ、具体的な内容や日時を約束しましょう。

なお募集ツイートが残っている限り、DMは届き続きます。

パパ活相手が見つかり、新規の募集が不要なのであれば、過去の募集ツイートは一旦削除しておきましょう。

=>パパ活アプリ徹底比較!!本当にオススメできるパパ活アプリ3選!!

④実際に会う

DMで約束を取り付けたら、後は実際に会い、デートをするだけです。

会うまでのやりとりはDM上で続けてもいいし、信頼できそうな相手なら連絡先を交換してもいいでしょう。

まとめ

今回のパート2では、パパ活の相手を募集する「募集ツイートの作成」についてお伝えしてきました。

パパ探しにおいて募集ツイートはとても大切です。

ぜひ参考にして作成してください。

次のパート3では、パパ活でTwitterを利用する注意点をお伝えします。

https://papakatsu.blog/2020/08/26/twitter2/

パパ活ブログ
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!