フラッシュセール!トップ25のレシピを含む無料のeCookbookを入手してください。

夫が風俗の常連だった…既婚者が風俗嬢に求める、H以外の「あること」について

風俗のお客様の中には、既婚者の方も数多くいらっしゃるでしょう。奥様からしたら決して快くは思わないかもしれませんが、「浮気をされるよりはマシ」とある程度目をつぶる女性も多いようです。しかし、風俗に通う男性は本当に風俗嬢に「エロだけ」を求めてきているのでしょうか。

風俗のお客様の中には、既婚者の方も数多くいらっしゃるでしょう。

奥様からしたら決して快くは思わないかもしれませんが、「浮気をされるよりはマシ」とある程度目をつぶる女性も多いようです。

しかし、風俗に通う男性は本当に風俗嬢に「エロだけ」を求めてきているのでしょうか。

夫が風俗常連だった、という奥様の悩み

産経新聞の漫画家、柴門ふみさんの人生相談にこんな相談が寄せられていました。

50代の結婚30年になる専業主婦。去年、夫の風俗通いを知ってから鬱病になりました。ずいぶん前から月2、3回通っていたようで、携帯を調べると、結婚指輪をはめたまま「行為」する動画も出てきました。

30年間、年間軽く20回として600回通ったお金。娘よりも若い子との「行為」。私はもらったことのない風俗嬢へのプレゼント。夫の正体を知ったら他人に見えてきて、気持ちが悪いのです。

子供の学費でお金が必要になると、私は朝と夜、パートを掛け持ちしました。夫が忙しいからと週末は仕方なく母子3人で過ごしました。それでも、このことが分かるまでは、子育てを一緒に楽しんでいる良い夫だと信じ切っていました。

私は夫にとって、いったい何だったのでしょうか。

【柴門ふみの人生相談】良い夫のはずが…風俗に狂っていました

風俗に月数回通っていたことが、50代になってから発覚したということですね。

一度二度だけではないから根が深い問題ともいえます。

人生相談の回答は?

この相談に対して、柴門ふみさんはこう答えています。

30年間風俗通いの夫を、「気持ち悪い」と感じた50代の相談者の方。これから残りの人生で「気持ち悪い」を払拭すること、何もなかったことにして夫と再び幸せに暮らすことは、かなり不可能に近いと思いますが。 夫の風俗通いを許せるか?という話題は主婦の間では時々持ち上がります。「気持ちが入っている不倫よりは許せる」という女性もけっこういます。「男だからしようがないんじゃない? 稼ぎのある夫なら目をつぶる」とまで言う人も。けれど、そんな井戸端会議を楽しんでいるのは、大抵夫の浮気を一度も経験したことのない20~30代の妻です。(中略)良い夫だと信じていたのに裏切られたことの怒りが、相談者の方には一番大きいのだと思います。最初っから女にだらしないスケベ男と思っていれば、これほどまで衝撃を受けなかったはずです。(中略)怒りがピークアウトした頃合いを見計らって今後のことを冷静に話し合うのが良いと思います。

【柴門ふみの人生相談】良い夫のはずが…風俗に狂っていました

男女の恋愛感情の動きを描写してきた柴門ふみさんらしい、感情の部分に重きを置いたアドバイスとも思いますし、女性らしいアドバイスだなとも思います。

30年間、いい夫だったのも事実

個人的にはこの旦那さん、性欲やスケベ心が人より少し強かっただけで、割と規律を守るいい方なのではないかなとも思います。

発覚するまで30年間「子育てを一緒に楽しんでいるいい夫」と思わせてきたのですから、感情の棲み分けはできていたのではないでしょうか。

本当に「女に狂う」タイプの男性は、好みの女性が現れたらそれが会社の部下であろうが、キャバ嬢であろうが、風俗嬢であろうが自分の限界を超えて入れあげてしまいます。

借金をする人もいれば、会社のお金に手を付ける人も。

風俗嬢、風俗スタッフから見ても「あの人そろそろパンクしてしまわないかな…」と不安になることも多々あります。

そういうタイプの方から比べると、この旦那さんはある意味で「理性的」だと言えるでしょう。

意外と多い、風俗に○○を求めるお客様

風俗というと、イメージ的にはもうスレまくった女性がテクニックを駆使して…という昭和のロマンポルノのような世界を想像するかもしれませんが、今は女性も普通の女の子が多いです。

風俗をHな行為目的ばかりではなく、疑似恋愛的な要素をメインに求めるお客様だったり、キャバクラのように女性に話を聞いてもらいたいという気持ちをメインに来店されるお客様は非常に多いです。

確かにお酒の飲めない人、昼に遊びたい人からしたらキャバクラに行くよりも簡単で安く女性とマンツーマンで話せますし、お触りして怒られるどころか、お触り前提ですから渡りに船だったりしますよね。

「男は船、女は港」ではないですが

おそらく相談者さんの旦那様は、若い女性と触れ合って、イチャイチャするのが本能的に好きな方だったのでしょう。

自分の娘くらいの子を応援したいという気持ちもあったかもしれません。

でも一番大切なのは家族だと頭ではわかっているから、バレないように30年やってきて、娘さんも育ててきた。

もちろん時にはお金を使いすぎたり、遅くなる言い訳が怪しかった夜もあったかもしれません。

それでも50代になるまで、「完全に家族を顧みない」ことはせず、なんとかバランスを保って家庭をつくってきたのだと思います。

彼のメンタルの8割は家族との幸せが保って、2割は風俗の女の子が整えてくれていた。

職場の人間や家族には言えないちょっとした愚痴は、名も知らぬ風俗の女の子が、笑顔で受け止めてくれていた。

そういう側面に目を向けると、「気持ち悪い」と思ってしまった心も少しは変わるかもしれません。

柴門ふみさんの言うように、「気持ち悪い」と思ってしまった感情はもう元には戻せません。

柴門さんは「離婚に値する、いったん別居したら」と勧めていますが、旦那さんとの30年の、いい思い出や良かった部分を振り返ってあげることも必要ではないかな、と思いますが、いかがでしょうか。

https://fuzokublog.jp/2020/08/31/dannasan-fuzokuzuki/

よるばく
GIRLS BOX編集部
イマドキ女子に向けたお役立ち情報やちょっと変なニュース、普通のニュースサイトではお目にかかれないようなアレ情報までを網羅したキュレーションおもちゃ箱、それがガールズボックスです!