フラッシュセール!トップ25のレシピを含む無料のeCookbookを入手してください。

パパ活や風俗で性病にならないための対策【全ての女性必見】

風俗で働いていたり、パパ活で性行為をしたりすると、少なからず性病感染のリスクがあります。性病に感染すると痛みや痒みなどの症状が辛いだけでなく、完治するまでの間は稼げなくなってしまいます。風俗やパパ活で安全に稼ぐためにも、性病感染だけは避けたいですよね。
本記事では、風俗やパパ活で性病にならないための対策方法を紹介します。風俗やパパ活をしている女性には、必見の内容です。

風俗やパパ活で性病にならないための対策

風俗やパパ活においては、性病にならないように以下のような対策を実施しましょう。

・定期的に検査を受ける

・しっかりと体を洗う

・交渉されても生挿入はしない

それぞれの対策法について、それぞれ解説していきます。

定期的に検査を受ける

性病はかかっても無症状のまま進行する可能性があります。痛みや痒みがない場合でも、定期的に性病検査を受けるべきです。性病を早期発見できれば、簡単な治療で完治します。逆に発見が遅れると、重症化が進み治りづらくなります。
風俗やパパ活をしている場合は、定期的に泌尿器科に足を運んで性病検査を受けましょう。

しっかりと体を洗う

行為前にしっかり体を洗うことでも、性病感染のリスクは軽減できます。もちろん完璧な予防になるわけではありませんが、不衛生な状態で接触するよりは感染リスクは低いです。
風俗の場合は、事前のシャワーでしっかりとお客さんの体を洗いましょう。パパ活で性行為をする場合は、一緒にお風呂に入ることを提案するのがおすすめです。「洗いっこしよう!」と提案すれば、相手の体を綺麗にできます。

交渉されても生挿入はしない

生挿入は最も性病感染のリスクが高い行為です。しかし風俗やパパ活において、「プラスで○円払うから生でさせて」と交渉してくる男性もいます。そしてお金の誘惑に負けて、生での挿入を許してしまう女性がいるのもまた事実です。
ちなみに生で挿入して外に精子を出すパターンでも、粘膜が接触しているため性病は移ります。
妊娠はもちろん、性病対策の観点からも、生での挿入は絶対にやめましょう。

【まとめ】風俗やパパ活で稼ぐなら、性病対策は必須

性行為をしている限り、誰にでも性病感染のリスクはあります。しかし対策を実施することで、感染リスクを下げられます。風俗やパパ活をしている全ての女性は、性病対策を実施すべきです。
性病対策を実施したうえで、風俗やパパ活で安全に稼ぎましょう。

https://papakatsu.blog/2020/08/11/seibyo-taisaku/

パパ活ブログ